前回の台風よりも心配した

10 /30 2017
昨日は台風にもかかわらず 忙しい用事があった日で
3時半ごろ北鎌倉の駅に帰ってきたら ものすごい雨。
駅員さんに今急に雨が強くなったんですか?と聞いたら
そうみたいです。
直前に雷が鳴ったと言っていました。

荷物を持って歩けないので駅のコインロッカーに入れて そんなことをしているうちに雨も
小降りになって帰ってきましたが
その後も雨は結構降っていたのでコインロッカーに取りに行くのは明日かなと思っていましたが
雨が止めたようなので 9時ごろ犬の散歩に出たころは星も出て夜空は半分くらいは晴れているようで散歩が終わってから
自転車で荷物を取りに行きました。

1週間前の台風の時は雨も強くは降らなかったし
台風のことはそんなに気にならなかったけれど
今回、夜 土砂崩れがおきるような台風になったら 怖いなあと思いました。

前回は夫がいたけれど 今回は一人だったからかも。
土砂くずれで家がつぶれるようなことがあったら
猫はどうにかなるから
犬を連れての避難だな とか
すぐに外に逃げられるような服をきて寝たほうがいいな とか
おにぎり作っておこうかな とか
結構心配したのです。

また富弘さんの絵をアップして今日はこの辺で。

書くことはたくさんあるのですが ほかにやることもあるので、また時間のある時に書きます。

IMG_7567.jpg


猫ベッド

10 /28 2017
寒くなったので 洗って物置に入れてあった猫ベットを出してやった。
猫も記憶があるんでしょうね すぐに入りました。

IMG_7686.jpg

魔魅ちゃん、美人さんでしょう。毛が若干長めでミンクの手触り。とても柔らかい。
きのうはお日様がさしていたので
円覚寺の猫のように太陽を浴びたいだろうと思ってお昼頃 外に出してやった。
猫が外にいるときは外出しないようにしているけれど
夫の荷物の宅急便など 出さなくてはならず ちょっとコンビニまで行っていた間に
玄関のほうに帰ってきていた。その辺をちょろちょろ走る姿もとても美しい。

魔魅ちゃん、帰ってきてたの。おりこうさんだねえ~。と最大限の賛辞を述べて玄関の扉を開けてやると
すんなり入る。外にいたのは3時間半くらい。
前回も 3時間くらいで帰ってきた。
前々回は暗くなっても帰ってこないので名前を呼んで私がちょっと近隣を歩くと
私が玄関前に帰りつくと同時くらいに走って追いついてきた。

だんだん家に帰るということを会得してきたのではないだろうか。
首輪をしていたら 少し安心かな。

茶太郎は特に外に行きたいと要求はしないので前は出たこともあるのだけれど
今のところ出していない。

IMG_7689.jpg

里親を探す記事に 茶太郎はいつも魔魅ちゃんのおしりに顔を乗せてくっついている写真ばかり。
そのころの名残で今も顔を高いところに乗せるのでしょうか。
それで、「甘ったれでお母さん猫にいつもくっついています。
お母さん猫もこの子を一番かわいがっています。」という紹介文に
それでは親子で飼ってあげようと思ったのです。

もう大きくなったから そんなに2匹でべたべたということはありませんが
魔魅ちゃんは茶太郎が怒られたり 何か危険がありそうなときは守るためにさっと来ます。
そんなところも魔魅ちゃんが賢いと思うところです。

茶太郎の毛は固い。
魔魅ちゃんの毛の感触は貴重です。


円覚寺の猫、写真アップできました。
円覚寺で大切にされている子みたいです。

IMG_7679 (1)


自分のことをする

10 /27 2017
一人で暮らしていると 時間は全部自分のために使えるわけで それは恵まれていると思う。
夫が来ているときも そんなに手間がかかったわけではないけれど
前の日に出かけて疲れていたりすると 起きてくるのがお昼頃だったり
相手に合わせて待っていないといけないこともある。

食事などはパパっと短時間で作っても
結構おいしい食事を出していたと思います。

本人が言ってくれないから自分で言うけれど
内心、私さすが主婦歴40年だなあと思ったよ。

夫の友人などに いいところをあまり言ってくれていないと思うので
きっと 悪妻と思われているのではないかと思うことがある。

それに、地方のほうは 夫婦は一緒に住むのが当たり前で
別々に住んでいるのは離婚しているのかと思う常識ではないでしょうか?

今回かなり長く同居しましたが
そんなに生活費は2倍はかからないんだね。
別世帯にするのは費用がかかります。

でもいつまで続くかわからないけれど
せっかくの一人暮らしの時間を充実させたいと思う。
全部自分で使える自分の時間なのだから。


IMG_7571_201710271147103a3.jpg



今日から通常通り

家族
10 /26 2017
9月15日から東京の歯医者さんで歯の治療のため鎌倉に来ていた夫が今日帰りました。
荷物を自転車に積んで駅まで送ってから

横浜の行きつけのリサイクルショップへ。

前に行ったときに買いたいスカートがあったのですが
買うかもしれない人がいるのでお取り置きになっているというので
もし買わなかったら連絡してくださいと言ってあったのを
売れなかったらしくあるからという連絡。
買えました。手作り品です。今度ご披露します。

それから上大岡の京急デパートに行って大新潟展をやっていたので野菜てんぷら付きのへぎそばを食べました。
おいしかった。
そんなわけでちょっと解放感?に浸って5時ごろ帰ってきて、夫はもう家に帰りついたかなとラインを送ったら
今電車の中でもうすぐ着くという返事。
やはり四国は遠いですね。

今日などは 北鎌倉も 観光客が多かったです。
遠足の小学生なども目立った。
円覚寺の猫ちゃんが階段の所に来て観光客に撫でられまくり。
猫も 久しぶりの日差しがうれしかったのでしょう。

猫の写真を撮ろうとしていた若い男性に
私も写真を撮ろうとしていたので
子供が撫でようとしてくると「陰になりますね」と言ったら
中国の人だった。外国の人も多いです。

なんだか写真がアップできないです。
へぎそばの写真、猫の写真撮ったのですが・・。あれ?


星野富弘さんの絵と詩は
9月30日から10月2日にかけて東北を旅行した時に泊まったホテルの廊下などのかかっていたものを撮ってきた中から
載せています。

IMG_7474.jpg


真珠のネックレス

耳寄り情報
10 /24 2017
最近、出席したお通夜で まがい物なのですが 真珠のイヤリングとネックレスをしていった。
喪服だけで こういう時に アクセサリーはつけないときも多かったから これでいいのかなあ?という気持ちはあった。
それでほかの方の様子を見ていたのですが
ネックレスをしている人は少なかった。
そうしたらあとで お通夜の時は ネックレスはつけないと言われたから 私外したの。と親戚のおひとりが言う。
その時は もう告別式の時だったからネックレスもつけていていいのです。

ああそうですか。
お通夜は まだ取り急ぎという時間で イヤリングとネックレスのどっちもしたらいけないのかと思ったけれども
もうしてしまったから仕方がない。
それで、四国在住の親戚にお通夜の時にネックレスまでしたらいけないんですか?と聞いてみたら「そおお?」と言っていた。

私の郷里のほうでは お通夜か 告別式かどちらかに出ればいいと思うので
どちらも 差をつけずにイヤリングもネックレスもしていくのではないだろうか。

東京の風習なのかしら? 難しいです。

今ネットで検索してみました。

お通夜の時ネックレスをしてはいけないと書いてなかったけれど(一連のもの)と書いてあった。
その時イヤリングはしてもいいのかどうか書いてなかった。

お通夜の時はストッキングは黒がいいのでしょうが 肌色でも許されるみたい。
告別式の時は黒いストッキングしかダメ。

しかし まがい物ではない 本物の真珠のネックレスとイヤリングが欲しい。

結婚30年が真珠婚式と言いますね。
とっくに過ぎたのだから 本物の真珠のネックレスを持っていてもいいなあ。

30年の時にマレーシアに行ったと思う。5泊6日くらいで格安のツアーだったから
ちょうど同じくらいの年代のご夫婦の参加が多かった。30周年の記念の旅行だったのかな。

40周年の時はタイに行っていた。
40周年はルビー婚式だそうです。
ネットで調べたらルビー婚では家族写真を撮ったらいいですよだって。

確かにまだ 元気のある初老ですね。

しかし この頃のお葬式は 在りし日のお写真を会場に飾りませんか?
この度亡くなられたおばさまはとても仲のよいご夫婦だった。
若いころのおじさまに肩を抱かれたお幸せそうな写真。

そんな写真うちにはありません。


IMG_7569.jpg