3月が去る

04 /01 2017
前に 1月は行く 2月は逃げる 3月は去る とブログ記事にしたことがありましたが

3月も本当に速かったなと思う。

3月の初旬は沖縄に行っていて
後半は家の工事が入った。
工事は31日に終わりました。 やってよかった。 きれいになった。
工事の職人さんもいろんな人がいて頼むときはわからないわけで今まで失敗したこともあったので 心配だった。
今回、熟練した 上手な職人さんだなあと思う方でよかった。

大きくは 沖縄と工事と2つがあったのですが
それ以外3月何をした?ということもなく過ぎた。

テレビを見て居たのかもしれません。

なんだか お裁縫みたいなことをやりたくなって
絣の着物を3枚ほどいて生地に戻した。

まだ新しい絣は水で洗ったらごわごわと糊付けしたみたいな感触。
着古してくるとそれが柔らかくなってくるわけで 絣の魅力発見。
ワンピースとかスカートとか 完成させてブログアップできるようにと思います。

IMG_6139.jpg
絣の羽織。まだほどく途中。ワンコこういうところ大好き。

昨日夫が沖縄から高松に帰りましたが
沖縄23度だったのに
高松外の気温3度だったって。
あいにくの寒さの中 帰ってきたわけです。

4月は桜の時期 気もそぞろになりますが 桜のきれいな時期は1週間ほど。 
北上すればもっと長く桜を楽しめますが
その年 1か所見事な桜を見られたらよしとしないと。

やらなければいけないこと まだまだ あって
プレッシャーになっているけれども
そのうち他の忙しさができわいたりして またやらなければいけないことをひきづることもある。

その時々で 手早くやってしまうことが 心の負担をなくすことだと肝に銘じましょう。

3月というか今年に入ってからの総括でした。


テレビ画面に字幕が出る

03 /26 2017
1週間前くらいから テレビ画面に 難聴の人のためかと思うような字幕が入るようになった。
最初、なぜ?と思っただけでしたが ず~っと入っているので気が付いた。

IMG_6110_20170326095632558.jpg

キティちゃんが来たときに テレビリモコンをプチプチいじっていたのでテレビをつけたいのかと
「緑色のところを押すのよ」と教えた。

それで出かけるので家を出る間際
キティちゃんは澄ました顔で緑色のボタンを押してテレビを消した。
それで、当然のように澄ました顔をしていた。

一度教えたら ちゃんと覚えたのだなと
それから 留守にするときはテレビを消すということをわかっているのだなと賢い子だなあと思った。

あの時 キティちゃんがリモコンをポチポチしていた時に
何処か字幕が出るようなところを押したのだろう。

でもおばあちゃん、直すのにどうしたらいいかわかりません。
2階に もう一台テレビがあるからかえって
要点を字幕で読めたほうが頭がよくなるかも。
まあこのままでもいいか。

2歳くらいの子ってエレベーターとかバスの降りる合図のボタンとか押したがる年齢ではありますが。

余談ですが うちではテレビリモコンを プチプチポッチンと子供が小さいころから言っていた。
だれだったか 次男だったか 高校生くらいに大きくなってからよその家に行ったときに
「プチプチポッチン取って」と言って 「何それ?」と大笑いされたらしい。
何処の家にもそういうことって有りますよね。

布が捨てられない

03 /16 2017
2階の天井屋根裏物置。もう、ものがいっぱい。ほぼ布とか洋服。
冗談でなく 減らします。
今朝もよく見て居たら、洋服も多いけれど何かを作ろうと買った布が多い。
これをどうするんだいと思うけれど布団カバーだとか足ふきマットだとか作ってドンドン消費するようにする。
洋服は お気に入りでこれは着ますというのを別にして分類する。
着ないと思うものはとりあえずひとまとめにして 行く先を考える。

ちょうど一年前の頃
ダイエットして条件が変わったので 衣類の整理をしてゴミ袋3個くらいは処分したけれど
その時は本当に要らないものだった。
それで布ごみの日に捨てるときにどうせ燃やされるかダスターにされるのだろうとボタンなどは外して捨てた。
だけれど、捨てられた洋服でも再利用されることがあるらしい。
どこかの国に送られて利用されたりもするらしい。
ぼたんをつけたまま捨ててくださいという注意書きをどこかで見たので悪いことをしたと思った。

それでは今度捨てるときに傷んでないものは
これは着衣として再利用できますとビニール袋に書いて出せば餞別する手間が省けると思う。

以前住んでいた所では地区センターみたいなところにコンテナがあって
まだ着られるものを住民の方がきちんとたたんで風呂敷などに包んで持って来て入れていた。
満杯になったらどこかにもっていっていたのだろうとおもいますが
そのコンテナのなかから貰っていく人もいたように思う。ホームレスの人もいたかもしれません。
いらない人といる人と洋服が役に立ってよかったのではないだろうか。

布が捨てられないという思いの中に二つのわけがある。

昔、赤ちゃんが生まれるのに産着を作る布もなく 近所を回ってボロ布をもらってきて
小さな布をはぎ合わせて産着を作ったという話を聞いたから。
ボロ布でもせいぜいかわいい産着になるように配色を考えたり布の形をそろえたり
そんなことも女の人は楽しかったのでしょう。

芸術の域まで素晴らしい布をつないだ子供の着物を見た。

それから外国の貧しい地方で昼は暑いのだけれど夜寒い。
それで、日本の家庭で眠っている使わない毛布を贈ろうという取り組みがされたことがあって
テレビでやっていた。
親はいないのだろう。姉妹だけで暮らしているところにも毛布が2枚届けられた。
小さい子ではない。15,6歳くらいにはなっている姉妹。
でも食べるものがないからせっかく2枚もらった毛布も1枚は食べ物を買うために売ってしまった。
1枚の毛布に2人でくるまって寝ていた。

そうだ、うちの毛布も送ろうと思っても個人でやるのは送料がかかって無理です。
やはりプロジェクトで大掛かりにやらないと。

そんなこんなで 何かに使えるのではないかと思って 布が捨てられないのだと思う。

なにかに再利用できたときがまたうれしいのです。
貧しい寒村で布を重ねて木綿糸でぶつぶつ縫って防寒着にしたり
そんなことも女の人は 貧しい暮らしの中で楽しかったのだと思う。
それで刺し子などの芸術も生まれた。

「今日の写真」
古い着物を売っているお店で絣の男物の着物。1000円だった。
洗って干しているところ。
これをほどいて絣の洋服を作ろうと思う。
洋裁を教えてくれる人と知り合ったから今度は本当ですよ。

IMG_6027_20170316081124393.jpg

いまさらながら寒さ対策の記事というのもなんですが・・。

03 /15 2017
毎年、家にいるときの冬の私の服装は
タートルネックのセーターかタートルネックのTシャツにトレーナーかセーターを重ねて
下は 股引をはいてダボダボのコーヂュロイのズボンをはくといういでたちでした。
それでやっとそんなに寒くはない。
何しろ外にいるときとおなじような恰好を 家の中でもしていた。

今年は レンガのストーブのおかげもあって股引は履かなかったし
タートルネックの洋服でないといけないということでもなかった。
でもネックウォーマーは割とする方です。
レッグウォーマーも効果的です。

それから 犬猫の出入りでドアを完全に閉めておくわけにいかないので
寒い空気が入りこまないように分厚いタオルケットに突っ張り棒を差し込んで入り口のドアのところに取り付けました。
これは効果的でした。
3月になって もうとってもいいかなと外してみたら寒い。又とりつけました。
でも付けるのも外すのも簡単です。
IMG_6030_2017031504503161f.jpg

それから 去年はせっせと湯たんぽを作っていましたが
今年は もの入れにこの電熱シートが 大小2枚あったのに気が付いてこちらを使っています。
この上に毛布を敷いて寝ると足もとがすごく暖かかったです。
湯たんぽは乾燥しない感じがしていいのだけれど固くてゴロゴロしますしね。
IMG_6025_20170315045032d08.jpg

3月ももう半ば。
さくらの時期ももうすぐ。

ホワイトディー?

03 /14 2017
バレンタインデーに誰にもあげていないから ホワイトディーも関係ありませんが
沖縄のお店で 箱入りのハンカチを左手に何箱か重ねて持って右手で指を折っていたおじ様を見かけた。
ホワイトディーのお返しを買いに来たのだなと見え見え。
きっと職場の女子に信頼されているのだろうなと思われる部長さんタイプのかただった。

でも、ホワイトディーってバレンタインディーよりも騒がれないのではないですか?

それにチョコレートをもらってチョコレートを返すの?
たしか前はクッキーとか言っていなかった?

「今日の写真」
2階のベランダからズームアップして撮りました。
アケビの芽を食べています。おかげで毎年アケビがならない。
IMG_6009.jpg