ジェイクに会いに行こう

読書
11 /20 2012
孫のコーちゃんの従妹のサーちゃんに「お姉ちゃんになっておめでとう」と
北鎌倉の葉祥明美術館で絵本を2冊と犬のジェイクのぬいぐるみを買ってプレンゼントした。
絵本は犬のジェイクが出てくるお話。英文もついている。

葉祥明美術館はもとは外国人の4人家族のお住まいだったと聞く。(確かかどうかは不明)
そのまま美術館にしたという。
洋館です。

ジェイクが住んでいたおうちに
ちょっと行ってみましょう。

IMG_6032_20121120214243.jpg

IMG_6027_20121120214357.jpg

IMG_6031.jpg

IMG_6028.jpg

IMG_6029.jpg

ほら ジェイクがいたでしょう。

古本

読書
08 /21 2011
大船のブックオフに土日に行くと
特別に入り口のところで安く本などを売っているスペースがあって つい買ってしまう。
これはほとんど100円。

IMG_3438.jpg

家ではあまり落ち着いて本を読む時間は無いのだけれど
1日出かけているときに細切れの時間でも1冊読めてしまうこともある。

大人の休日クラブの切符や 青春18切符で 一日中乗り物に乗って 
たまたま面白い本を持っていけて 1冊読めたときは旅の醍醐味がさらに加わる。

青春18切符がまだ一枚あるので今週末 四国へ。
続いて 9月になったら大人の休日倶楽部が売り出されるので 旅行します。

今日は24時間テレビ。
24時間テレビが終わると夏が終わったなという気がします。


夏の間 タマは ず~~と1階で寝ておりました。
背中の人形は 仔猫の時からのお友達。いつも一緒にいるのです。

IMG_3416.jpg


月のうさぎのほうに最近の影千代をアップしていますのでそちらも見てください。
影千代は男の子だったです。少し肉付きが良くなったせいか 男の子の名残がわかるようになりました。
痩せていたときはぺッタンコでわからなかったのです。

サッカーの長谷部選手の本

読書
05 /14 2011
昨日次男が帰ってきて 本をぽんと置いて

「よかった。兄ちゃんにも読ませる。長友選手の本も読みたい」と言った。

ぽんと置いた本というのは
この本です。

IMG_2533.jpg
長谷部選手のことは 頭のよさそうな子だなあと思っていた。
日本のチームが強いのは 長谷部選手のキャプテン力によるところも多いと言われているのを聞いた気がする。

そんな子が書いた本は 若い人にきっといい影響を与えるだろうと
新聞の本紹介を見て 買いに行ったのです。

本屋さんで長友選手の本のポスターは張られていたのだけれど
この本のポスターは無かった。

平積みになっていたけれど すぐにわからなかったので
「サッカーの長谷部選手の本はありますか」と聞いた。

それでこの本を 次男に薦めるときに 長友選手の本もあると言ったのです。
長友選手は武士を思わせる。
特にハンサムでも 長身でもないけれど 凄く魅力的な子(内面性が出ている)だと思うので
彼の本も買いましょう。

さてこの長谷部選手の本は私はまだぱらぱらとしか読んでいないのですが
わかりやすく書いてあって 納得させられます。
若い人だけが読んだらいいわけではないわ。

大人も読みなさいですわ。

大体どこの何の組織でも 優れたひとりの人の存在が 「水澄む」ではありませんが
回りにいい影響を与えて いい結果を出すということは 想像に難くない。
反対に ひとりの悪い人材が 及ぼす影響も計り知れないことがあると思う。

IMG_2534.jpg
9章までありますが 3章まではこんな感じです。

3・・ 整理整頓は 心の掃除に繋がる
11・・孤独に浸かる ひとり温泉のススメ!

など 私も納得の項目。

しっかりじっくり読んで また 後日記事にします。
この本、お勧めと思います。

緩んでいた 鈍感な日常に カツを入れられるかもしれません。

最初の写真下に写っていますが 
本の印税は 東日本大震災に寄付とのことです。

17歳のわたしがいた

読書
03 /03 2010
今日は前の住まいで主に本箱の整理をしましたが
ちっぽけな本箱でも私の歴史があるのです。

捨てるもの、ブックオフに持っていくもの、とっておくものと分類すると
捨てるものがあまりない。
とっておきたいと思って本箱に入れておいたものですからそれなりに愛着や必要性があるわけです。

あと次男に読ませたいと思うものもあり。

それでぱらぱらとめくっているとびっくりするようなものを見つけた。

17才のときのわたし。

和田洵子さんという方の人形の作り方の本の中扉に書いてあった。

2010_03037月21日0006

どうしてここに書いたのかわからないけれども
その頃人形の作り方の載っている本など今のようにたくさん出版されていないですから
この本が人形作家になりたいなと漠然と思ったきっかけだったのではないだろうか。

しかしその後具体的な努力はせず 今は、私は創作する才能はない、模倣することは出来そうだけれども
人を感動させられる創作した人形ができなかったら作家にはなれないとわかっております。

だけど、楽に呼吸できる場所というブログのタイトルの底に流れる思想に
17歳の頃思い至っていたのかと驚きます。
だって17歳と言ったら人生は永遠に続くものだと思っている頃でしょう。
今は「人生なんてあっという間だね」とわかります。

それで 今の私は 限りある人生、どうせなら 「楽に呼吸できる場所」にいたいと思います。
今日は ひっそりと本棚に隠れていた17歳だった私に出会って
ああびっくり!

古本を買う その2

読書
01 /29 2010
2、3日前に園芸の本を買って
昨日は料理の本を買ったのです。
今まで買物に便利なところに住んでいたのであまり食材の買い置きもせずフリージングもあまりしなかったので良くわからない。
それで柳生さんの本を買ったところにあったこれらの本を買ったのです。

2010_01287月21日0013

向田邦子さんは大好きです。
この本を見ると料理もお上手で器もなかなかいい趣味をお持ちのよう。

これらの、園芸の本も、料理の本も もしかするとフジ子・へミングさんの本も、おなじ方のものだったのではないかと思うのです。
ここはアジアの女性を救うというWeショップと言うボランティアのリサイクルショップなので
本を提供するとしたら紙袋一つとか ダンボール一つとか持ち込むと思うので。

そうすると私が今回家に連れ帰った本の前の持ち主は女性だ。

私のところでこれから役に立ってもらいますからねとお礼を言いたいような気持ちです。

今日の本は半額になるセール期間だったので
安い値段がさらに安くなって

昨日と今日の写真をアップした本の定価を合計すると1万2千230円。
しかしリサイクル品で付けられた値段の合計は1450円。

すごいでしょう。
それで手に入ってよかったなあと思う本なのですから本当に嬉しいです。

明日は、「うちにグレートデンの伝ちゃんが来た」という記事ですから
「え~?つつじさんち グレートデン飼ったのおお~?」と思ったら 必ず見るように。

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください