打ち上げ

交友
02 /05 2017
1月14日にやった同窓会の打ち上げを昨日やってきました。
今度クラス会などをやるとしたら 気楽にやれるところと思って 下見を兼ねて 宇都宮の南大門でコース料理を食べて
温泉に入る企画。

お料理はおいしかったです。
4000円で9品目も出て 鍋の後に作った煮込みうどんなどは食べきれなかった。
5人以上でコース料理が注文できて コース料理を食べた人は一日中の入館入湯権利もあるのです。
お風呂がタダで入れるようなわけです。

町のど真ん中にあるので自然を楽しむという感じにはならないけれどお風呂も満足しました。
小さなプールがあるので子供も飽きないでしょう。私はプールのところについていた水が噴出する所が気に入った。
黒部ダムから水が放出されるのを彷彿とするような水の勢いで
背中やおなかや足やに当てると血行がほぐれてかゆくなるような・・。

脂肪も緩んで痩身効果もないでしょうかね。
今度宇都宮に行ってお友達と会うときは場所の指定をここにしてもいいなあ。

でも8人ほどの集まった友人でお風呂に入ったのは3人だけだった。
食事の前と後と2回入ったのは私を含めて2人のみ。
一度も入らない人5人。

私は 夜間料金を払って 泊まってみようかと思いましたが
鎌倉の家を出るのを早くして お昼までに 実家の仏壇に線香をあげに行ってしまったので
次の日にお線香をあげに行く用事が無くなって
日帰りで夜帰ってきました。
実家に行ったときに近所の友人も訪ねているし、盛りだくさんの一日でした。
8時半に家を出て帰ってきたのは夜11時半。
長い一日でした。

南大門には1時半ごろから夜8時までいました。
4時から6時までコース料理を食べてその前後に入浴したわけです。

あ~~確かに長い一日だった。
これで心を占めていた同窓会にかかわることがほとんど終わりました。
わたしが撮ったスナップを当人たちに送ってあげようと思うのでそれはこれからです。

2月は あとは沖縄に行くのがメインイベントです。

「今日の写真」
北鎌倉の民家の庭先の紅梅 1月31日撮影
IMG_5765.jpg

勝手についてくるスポンサーサイトと同窓会余話

交友
01 /17 2017
ブログ記事の最後のほうにスポンサーサイトというのが勝手についてきて迷惑。
それも何とかするだけでいくら稼げるとかいう文章。
スポンサーサイトがついてきてもいいけれど
何で稼げるという内容のやつなんだろう。
ちっともそんなことはやっていないのにこういうこと(稼ぐため)をするために
私がブログをやっているのかなと思う人はいないだろうか?
他のFc2 でブログをしている方のところでは どんなスポンサーサイトがついているのか
気にもしていなかったけれど今度気を付けてみてみる。

たぶんこのスポンサーサイトをつけたくなかったら
若干お金がかかるのかな?と思う。

話は変わりますが
同窓会をやったことで考えたことは
中学一年で東京オリンピックがあって
大学一年で大阪万博があって
物心ついたら消費は神様ですみたいな時代に育って来たんだなあと思う。

でも同窓会の時の先生のお話で
修学旅行に京都に行ったけれど
新幹線で行ったのではないというので驚いた。
朝5時にバスで出発して
ラッシュ時に東京で乗り換え 修学旅行専用列車みたいので行ったらしい。
帰りは夜行だったらしい。
全然覚えていません。引率の先生方も大変だったでしょう。

中学の卒業時に書いた作文は 昨日読みました。
50年も取っておいてくださった先生の生徒に対する愛情に感謝です。
私の作文は将来に迷っているという内容でした。
それで結果、努力もせず 易きに流れた人生だったかなあと思いますが
まだ人生は終わっていないのだから
少しでも人のためになれたらなあと思います。

でも、まじめ一方で無く かなりずっこけてきた自分もいいように思う。
同窓会で 会えてよかったよと言ってもらえてうれしかった。

またやろうね!

交友
01 /15 2017
同窓会は またやろうね!と言う雰囲気で終われたことがよかったです。

子供のころの面影を残す男の子たちがいい大人(というか老人か?)になっているのを見るのは楽しかった。
割と小柄でやんちゃで悪がきででも気持ちはとてもいい子だった人が
背も高く体格もよくなってもともと顔はかわいかったと思うのでかっこよくなっていた。
なんでこんなにかっこよくなったの?と言って肩に手をかけたら
肩にパットを入れたようなこぶがある。
長年の仕事でできたこぶなんだね。頑張ってお仕事してきたんだね。

もう一人は
近くにいるとその穏やかな感じがほんとうにいい大人になったなあと感じたので
いい大人になったね と言ったら 毎日感謝をして生きているというようなことを言っていました。
ツツジさんに会えてよかったよと言ってくれました。

そんな感動がいろいろあった。

担任の先生が 50年間も卒業の時に私たちが書いた大きくなったらなりたいこととか希望を書いた文集を
持っていてくださって今回一人一人にわたしてくれました。
私は何を書いたのかまだ恐ろしくて見て居ません。
またそのうち、このことは別記事にするかもしれません。
先生にお会いできたことも本当によかった。

先生に、短歌をやっている?と聞かれました。
中三の時に私が作った短歌を覚えていてくださって何時だったか
ご自分の何かの機会の挨拶状にとりあげてくださったのです。
その挨拶状は以前にいただきました。
教職の期間は教えていた生徒たちにもはげまされたというような内容の所に

「師の声の耳に残れる今日の夜は 寒気の中に強く学べる」という私の短歌を取り上げてくださいました。

母が短歌をやっていたので 私も短歌をやろうと思っていましたが この年になるまではかばかしくはやっていない。
先生は短歌をされて 新聞で入選されたりしているそうです。
先生に入門して私も短歌やろう。

とりあえず、同窓会が 雰囲気良く終わりましたという報告まで。

今回の事を通して 幼馴染というのはかけがえのない宝なのだなあとしみじみ思いました。

いよいよ同窓会

交友
01 /13 2017
いよいよ同窓会。
今日中に持っていくものをそろえて
明日は起きたら身支度をしてすぐに出かけられるようにしないといけません。
今晩から娘が来てくれるので犬の散歩などはしないで行けるのでそのへんは助かる。

昨日 着ていこうかな??と思うワンピースに合う靴があったらと元町に行きました。
でもそのワンピースを絶対着るかどうかもまだ迷っているんだけれど。
せっかく行ったので靴は買いましたけれど。

元町に行って発見があった。
うちのノリタケの飾り皿 2万5千円もするものだった。
この絵は下手と思っていたほう(赤いバラ)は手描きでもっと高いとおもいます。
ちょうど最近壁に飾ったばかり。
IMG_5663.jpg
他にもバラのお皿などあるのでこの話はまた別記事で・・。

石川町で降りて元町に行く道の途中にある花屋さんが安い。
遠くから持ち帰るのが大変と思っていつも買わなかったけれど
昨日は8ポットも買ってしまいました。
1ポット100円なのです。
すごく元気な花です。
IMG_5669_2017011310270839f.jpg
これはまだポットを植木鉢に置いただけです。

それから中華街にも行ったのですが
記事にするのは後にします。
ゆっくりブログを書いている暇はなかったのでした。

同窓会までに3キロくらい増えた分をおとしたいと思いましたが
それ以上増えなかったけれどもほとんどおちなかった。
でも1キロくらいは減ったかな。

顔と腕がたぶん化粧品でかぶれたのはほとんどなおりました。
白髪染めは大丈夫。
一度自分でやったときに かぶれたことがあったので、美容院でやってもらうようにしている。

行きつけの美容院は 入院したと聞いたきり まだ再開していないようで他のところでカットしましたが
やはり行きつけのところでやってもらいたかった。
前髪短すぎ。行きつけのところは すぐに伸びるからもっと短くてもと思うくらいみじかくはしなかった。
そんなこんなでそこは安心して任せられたのに。

たぶん宇都宮は寒い。
もう、寒さ対策を一番にしたらあのオーバーでもいいかなと思って出してみたら
いかんせん大きすぎでだめです。
IMG_5666.jpg

これ リサイクルショップで買ったんです。
きもののコート?と思うくらい大きいです。

ア、ながながとブログを書いている暇はありません。
用意をしないと。

半年くらいかけて準備をしてきた同窓会。
楽しく開催できますように。

年賀状ありがとう

交友
01 /02 2017
去年のうちに年賀状作れませんでした。
つつじさんから年賀状来ないわと思った方、ごめんなさい。

昨日、作りました。
元旦に着いた年賀状に丁寧にお返事を書いて投函します。

出してくれたけれど 元旦には間に合わなかった年賀状もまだあるかもしれない。

年賀状が来なくても私が出したいと思う人もいる。
でもいつも、出さなくてはいけない人を忘れているのではないかと思う事がある。

元旦に来た年賀状で
一番インパクトがあったのは
お姑様が105歳でお元気という方。
頭もしっかり気力もしっかりされているそう。
きっとご家族の心のこもった支えがあるからでしょう。
お料理の上手な 明るい彼女の力というのが大きいと思う。
10年くらい前に
彼女から来たウェディングドレス(60歳の花嫁)の年賀状に本当にびっくりしたけれど
お幸せに暮らしていらっしゃる。

ツツジさんの年賀状が 一番インパクトがあったわと彼女から言われたことがあったけれど
どんな年賀状を書いた年だったでしょう。