芸術

03 /15 2013
先日も記事にしましたが北鎌倉の篆刻屋さんでまた書のはがきを買ってきました。
はがきはコピーですが
額に入っているのは直筆。

気に入ったのを見つけて買ってきました。

IMG_6405.jpg
呑み助の夫へプレゼントしたら いいでしょう。
今月1日の誕生日に何もあげなかったし。
電話はしたら、誕生日はもううれしくないとのことでした。

壁にかけたら、すごく品があります。

IMG_6406_20130326190836.jpg

ついでに昨日、陶芸をされる従妹から来たハガキの絵。
年賀状にも使ったのでしょうか?
おめでたい富士となすびが書いてある茶碗。いいなあ。
以前この従妹のお孫さんが 小2の時に描いた絵をびっくりするほど上手だったので
ブログにアップしたことがありましたが
DNAだね。

IMG_6404.jpg

母方の血筋は絵や書や詩歌をやる方が多かったのです。

私は、ものの良さはわかると思うのだけれど
それでいいなあと思って真似をすることはできるのだけれど
自分でゼロから創造することができないから 芸術家にはなれないなあとわきまえている。

趣味の修行

04 /02 2012
昨日、知り合いの方が受賞された油絵が関内の文化センターで展示されていると聞いて
行きました。
いろんなグループが1階から3階まで展示していて
油絵人口って多いんだなあと思いました。

私は油絵はわからないし ましてや抽象画はわかりませんが でもお上手な人の絵っていうのは
見る人に何かを訴えると思います。
わからないなりに すごいと 納得するものがある。

軽く見て通り過ぎる絵もある。

そこから 中華街、元町と歩いて帰ってきました。
元町は、ワンちゃんが多く、見せびらかしに来ているんじゃないかと思うくらい
豪華な犬が多い。
しかし、道でトイレをする子を見たことがないから外ではしないようにしつけができているのだろうか。
元町の店先でおしっこをされたら苦情が来て犬は元町から締め出されるでしょう。

この子たちがあまりにかわいくて 写真を撮らせてもらいました。

IMG_4587.jpg

また絵の話に戻りますが
油絵も長く続けていらっしゃる方が多いらしい。

私は石猫を始めたばかりだけれど
石猫はおばあさんになっても描いているような気がする。
合う趣味に巡り合ったような気がする。
石は拾って来ればタダだし、猫が好きなので描いているときも出来上がってからも楽しい。

もっともっと修行して人を感動させる猫を作りたい。

いろいろ書きたいことはあるけれど

03 /22 2012
いろいろ書きたいことはあるけれど
期限が迫っていることなどがあって、気ぜわしく ブログ更新滞りました。

石猫も、母の葬儀があって それどころではなかったですが
この猫を描いて ステージが一段階上がった気がする。

IMG_4530.jpg

今まで、見よう見まねで描いて 「私って天才じゃない?」と思っていたのは 勘違いでした。
1個出来上がるごとにうれしかったけれど、それは素人でした。

この猫を描いたときに ちょっとプロに近づけた気がした。
うまい。かわいい。誰かにあげても喜ばれる。

この路線で もう少し熟練するように頑張ります。

教室の日は

02 /22 2012
教室の日のランチ
スカイビル 28階のアントニオ

IMG_4452.jpg

IMG_4451.jpg

IMG_4453.jpg

IMG_4454.jpg

やはりデザートがおいしかったです。

石猫は、この肉球猫を最終調整した。
ラッカー仕上げをして
ほやほや家族のお祝いにしたいけれど もらってくれるかなあ。

IMG_4457.jpg

後ろはハートマークの模様入りです。

IMG_4459.jpg

新宿高島屋で個展

02 /05 2012
夫から 夫が教えていただいているデッサンの先生が
新宿高島屋で個展をされるから見に行くようにと個展のはがきを送って来たので昨日行きました。

まず、そんなにすごい先生に夫は習っていたのかとびっくりするのと
なんか先生に申し訳ないような気がした。
夫と絵は似合わない。
うまいとは思えないけれど、やめないで一生懸命するところは
他の習い事にしてもえらいというか一種の才能と思います。

私は絵を見るのは好きなのでこのはがきの絵に感動しました。
鉛筆画です。

IMG_0099.jpg

今日は、日曜日だし 
新宿に行かれる人とかお近くの人とか
私のブログを見て行く人がいるかもしれないと とりあえずアップしました。

今日は早朝から出かけるので
感想など詳しく書けませんが、静かな感動のある絵です。

会場に展示はされていませんでしたが
置いてあった過去の絵の写真ファイルの中に、
ダイヤル式の電話の受話器がコードを伸ばして床に落ちている絵がありました。
夜の部屋のなかに。
なぜかハッとしました。




つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください