月のうさぎ2ヶ月以上放置してごめんなさいの記事

ご挨拶
12 /18 2010
月のうさぎ ブログを閉じようかと迷って2ヶ月以上放置してしまいました。

今日お詫びの挨拶と チェンマイのこぼれ話的な記事二つと計3記事分更新しましたので

あちらに飛んで読んでいただきたいと思います。

あいさつ文だけこちらにもコピーします。

以下 月のうさぎのコピー

このブログ閉じようか迷って2ヶ月以上も予告なしに放置してしまいました。
その間訪問してくださった方ごめんなさい。
今日開いてみたらアクセスカウンターをつけていないので訪問数がわからないのですが
拍手が増えていたので訪問していてくださった方はいらしたんだなあと申し訳ない気がしました。

それでしばらくぶりで見返してみたら
このブログもいいねえ。
ノー天気でかわいくて。
猫をこちらにと途中から思ってそうしていましたが
まだ2ヶ月前は体も小さくて猫たちがかわいい。
もうだいぶ大きくなりました。

しかし 2箇所のブログにわざわざ来てくれるだろうかと
昔からのなじみのある「楽に呼吸できる場所」のほうですべての記事を
更新するようになりました。
そちらはほぼ毎日更新しています。

しかし チェンマイ旅行の記事を書くのに日々の記事も書きたいし
旅の記事を全部書くと楽に呼吸できる場所が煩雑になりそうな気がする。
こぼれ話的な話はこちらに書いてもいいかと思いました。

基本的にはこちらは 写真と短い文の 日本語を勉強している方が日本語になれるために気軽に読めるような内容にしたいと思います。

夜寝る前に訪問してくださった方が
ふふふふふ
と笑って就寝できるようなものに。

楽に呼吸できる場所のほうは
これはどうしても言いたいみたいな主張も書くこともあると思います。

主なブログは「楽に呼吸できる場所」にします。
月のうさぎは時々になると思いますが 更新したら 楽に呼吸できる場所の末尾に 「月のうさぎ更新」とお知らせします。

こちらだけに訪問してくださっていた方がいらっしゃるでしょうか。
出来ましたら 楽に呼吸できる場所から 飛んでくださったら 更新していないのに無駄に開かれることがなくてよろしいかと思います。

楽に呼吸できる場所の右側のリンク欄の一番上の「月のうさぎ」をクリックしていただくと月のうさぎに飛びます。

それでは 長らくの放置 ごめんなさいの 挨拶でした。

続いて チエンマイのこぼれ話を載せますから ご覧になってください。

IMG_0356fuxo-si-zunnhoteru.jpg
ここはフォーシーズンホテルのレストランから見える風景。
田園風景を作った。
本当のタイではありません

1192(いいくに)つくろう鎌倉幕府

ご挨拶
09 /28 2009
今日の記事で記事数が1192になるようです。
1192つくろう鎌倉幕府って歴史で覚えましたよね。

正確には40記事くらいが過去に消えてしまったので現存している記事は1192は無いのですが
一応区切りで1192になったらブログを模様替えしようかなと思っていました。

約4年半くらい続けています。
よく続きました。
しかし、まあ、
適当に続けている間にカテゴリーの分け方など、不具合が出てきていました。

「楽に呼吸できる場所」って言うタイトルも気に入っていたのですが

今度

「月のうさぎとトトロの森」 としたいのですがどうでしょう?

シンプルに「月のうさぎ」だけにしようと思ったのですが
「月うさぎ」というブログ名にしている方がいらっしゃるから

家の庭に隣接しているトトロが住んでいそうな小さな森もくっつけました。

月のうさぎはこの地が月がとてもきれいに見えるということと

月のうさぎは1匹でさびしいけれどさびしい心が集まってお話しようよというようなメッセージを込めています。

いままでと変わり映えはしないと思います。

デザインが一新するまでちょっとかかるかもしれません。

今日の写真は酔ふよう。
初めての花が咲いて八重だったことがわかりました。
秋明菊は一重のほうが好きですが
酔ふようは八重のほうがあでやかです。
この写真は朝撮りました。
夜はピンクに染まりました。

2009_09287月21日0025


ご挨拶(ブログの立ち上げにあたって)

ご挨拶
05 /11 2005
******(ブログ立ち上げのご挨拶)******

さわやかな 新緑の季節です。
大好きな季節に ブログ立ち上げたいなあと思いましたが
簡単にできるわよ という巷のうわさとは裏腹に悪戦苦闘。

20050520191738.jpg
*マレーシアキャメロン高原の茶畑*

ブログのタイトルはなににしようか と考えていて
ふと 「楽に呼吸できる場所」 という言葉が浮かびました。

以前 一枚の写真にひかれて 女性カメラマンの写真集(エーゲ海の猫)を買ったときに
中に書かれていた短い文章が 印象に残りました。

     島人たちが
  猫の自由を尊重しているから
      猫たちは
  いつだってのびのびしていられる。
    どの猫もみな、自分が
  いちばん楽に呼吸できる場所を
      知っている。

私も楽に呼吸できる場所で生きていたい。
反対に 誰かが私の傍で楽に呼吸できると感じてくれたらいいなと そんな気持ちで。

猫は 居心地のいい場所(涼しい 暖かい やさしい人)を見つける天才です。
考えてみると 私も居心地のいい場所を見つけることが 得意かもしれません。
自分を猫に置き換えているのかもしれません。

副題を(好奇心旺盛なつつじのよかった話)としましたが
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。
よろしくお願いします。

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください