鎌倉路地フェスタ

鎌倉紹介
04 /28 2008
27日から29日まで鎌倉路地フェスタと言うのが開かれています。
2年前にぶんぶんさんとご一緒したのを思い出して声をかけたところ横浜在住のriroさんも3人で散策することになりました。

行き当たりばったり二階堂方面へ足を運びまずカジュアートスペースへ。
いろんな地元アーティストの楽しい展示、ワークショップ、ライブ、石釜ピザ、等々。
石釜ピザ食べました。生地が美味しかったしソースも美味しかったです。飲み物は私とriroさんジンジャーエール。ぶんぶんさん赤ワイン。

それから最古のお寺 杉本寺。

2008_04287月21日0013

この階段は今上らせていないので苔が美しいです。
しかし踏まれてすりへった石の階段。
どんなにたくさんの人が長い間願いを抱えて上ったのでしょう。

ここは龍譚窯 
穴の開いた陶器のランプシェードが特徴でしょうか。

2008_04287月21日0008

疲れて鎌倉宮の前の喫茶店でお茶

2008_04287月21日0014

八幡宮の池のほとりの藤です。
まだ咲きはじめですがかなりきれいです。

2008_04287月21日0019

ここでお別れすればちょうど良い疲労感を抱えて家路につけたのですが
riroさんがどうしても北鎌倉に行くと言うので北鎌倉へ。それでriroさんは疲れたらしいですよ。

北鎌倉駅の円覚寺側の道大好きです。
私の大好きな古陶美術館。今人形展をしています。高橋まゆみさんという作家の味のあるおばあちゃんやおじいちゃんの人形。

それから猫の箱と言う猫の絵やポストカードを売っているお店。おでんちゃんというトラ猫がいるのは以前載せたことがあるのですが今日はもう1匹真っ白い猫プリンちゃんがいました。

2008_04287月21日0021

北鎌倉は外を歩いている猫を見かけます。
野良猫というより猫を室内飼いだけでなく外にも出しているのかなと思います。
この写真は猫が二匹いたので撮りました。もう1匹はどこにいるか見つけられますか。

2008_04287月21日0022
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

みっけー

こんばんは

∥もう1匹はどこにいるか見つけられますか。

はい、見つけましたよ (^_^)
こっちを見てくれていますね。
もう一匹いるのかなと思いました。

涼さま♪
涼さまも猫がお好きですね。
見つけましたか。
まだ答えは出さないでおきましょう。
他の人も自分で見つけるように。

楽しかったです!

今日はどうもありがとうございました。結構歩いたのも忘れるくらい、よくしゃべりましたねー。

鎌倉はやはり路地裏が落ち着いていて風情があっていいですね。

杉本寺の写真はやはりつつじさんの手にかかると素晴らしさがよく出ますね。私のは携帯だし、駄目だわー^^;

私もみっけ~!

こんないい写真をいつ撮っていたのですか!油断も隙もないですね(笑)
どうしても行きたかった北鎌倉は、想像以上にエキセントリックで、くらくらしました(爆)
おかげで足腰はぐらぐらして、今もまだ少しだるいです^^;

いい季節の鎌倉散策、とっても楽しかったです。また連れていってくださいね♪

藤の花が綺麗だなぁ♪

つかれました?

ぶんぶんさん、riroさんコメントありがとうございます。

ぶんぶんさん♪
路地の趣が良かったです。
気候がちょうど良くて気持ちよかったですね。晴れ女のぶんぶんさんの面目躍如でした。


riroさん♪
わかいriroさんがそんなことでどうする!私はそうでもなかったから水中ウォーキングの効果が少しあるかしら。ほんとに雨の多いこのごろでしたが気持ちのいい天気でよかったです。ぶんぶんさんが行いがいいから晴れ女なんですね。
riroさんと私が行いが悪いということでは絶対ナイナイ!

猫のプリンちゃんに反応して!

小径のヌシさま♪
お、藤に反応されましたか。
猫のプリンちゃんに反応されないといけないでしょう。
ヌシ様はプリン命ではなかったのかしら。

みっけ!

新緑が綺麗です~

鎌倉の猫さん

桜桃さま♪
新緑きれいでしょう?龍箪窯の写真の緑もきれいと思って載せました。
鎌倉の猫さんはおっとりしているように見えます。

トラックバック

鎌倉オフ

今日はいつもお世話になっているつつじさんとriroさんと鎌倉Khaju祭を目当て

鎌倉日記

昨日は、“横浜支部鎌倉探検隊”の隊員であるつつじさんとぶんぶんさんに連れられて?、 鎌倉路地フェスタに行く。(なお正式記事は例のごとくお2人のをどうぞ!) 鎌倉路地フェスタとは、“鎌倉の路地に点在する22の拠点を巡り、アートや食を楽しもう”という催し。 ?...

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください