うちの犬

07 /09 2018
最近犬話題を載せていないので今日は犬話題。

家の中で放し飼いにしている。最近は 寄る年波か 寝ていることが多い。
いつも私と同じところにいて
夜私が 2階のベッドに行くと 寝ていても私がいないのに気が付いて2階に来る。

私が目が覚めて 1階に来ると ほどなくして 自分も1階に降りてくる。

毛が濃いので暑がり。なので 夏日の当たる時間場所を散歩することはない。
夜になってからする。

そうすると 私がテレビを見たりグダグダしていてもそばに来て
もう散歩の時間でしょ?と正座をして私を見ている。

散歩に行くと う○ちを3回くらいたっぷりとするから 1日1回の散歩は 欠かせないのです。
それから 午前と午後に1回ずつ 庭におろして おしっこタイム。


散歩のとき誰か知り合いに会って 私が話しながら歩くのを好まない。
自分のペースで歩きたいのです。
それで ずるずる引っ張らないといけないので 先にいらしてくださいと 知り合いに言わざるを得ない。

いつもの散歩コースをいつものようにいくのであれば とっとと歩くので
風邪で体力がなかった時、いつものコースをいつものように歩かせた方が楽だと思うこともあった。

半分で帰ってこようと思ったりすると 歩かない。

また散歩最短コースに 曲がる道に差し掛かると 曲がる角から離れて避けるように一番遠い場所を歩く。

賢いのです。

それで 夜の散歩から帰って シャワーを浴びて もう外には出ないから パジャマに着替えるとホッとする。

でも 犬がいなかったら 私はこんなに歩かなかっただろう。
ひょんなことから 飼うことになった犬だけれど
この子だけで、もう犬を飼うことはないと思うけれど
わたしを 歩かせてくれたと 感謝をして 寿命まで 大切に飼ってやるつもりです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント