希望と勇気の2週間

感動
07 /03 2018
4回の 試合 全部見ていたのですが
今朝は 始まるちょっと前に居眠りしてしまった。
あっと、おもって テレビを見たら 2対1。

え? 2点も入れたの?勝っているの?と それから真剣に見ましたが

後半 点を入れられて 負けてしまった。

でも 2週間 日本は 興奮状態だったよ。希望と勇気の2週間だった。

試合直後、若い選手は 泣いていたけれど 長友選手はすがすがしい いい顔をして
自信にあふれた顔をして歩いていた。長友選手いい顔をしているなと思った。
後のインタビューで
自分でできることは全てやったので胸を張って帰りますと言っていた。

ああそういう心境が 顔にあふれていたんだねと思った。

試合の前半を見ていなかったのでゴールを入れた2点は 誰が入れたのかわからなかったけれど
1点目は 原口元気選手。
6月20日の 私のブログの 一つ目のサッカーの記事に 原口選手のことを取り上げて
原口元気選手応援します。また その日は ゴールは入れませんでしたがこれからの試合でゴール入れられるよ
と書きました。 最後の試合の1点目を入れられて きっと本人もとてもうれしかったでしょう。
あの記事で書いた 心臓移植をした少年も ちょっと前に日本に帰っているようです。
ボールをけったりしている様子も写っていた。きっと今日の未明の試合は 家で見られたね。

監督はもとより 選手の皆さん 感動をありがとう!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント