FC2ブログ

認知症が改善する例

読書
01 /25 2018
先日、歯医者に行ったときに 古本を買ってきたことを書きましたが
その中の一冊だけ文庫本があったのですが
それを 細切れ時間で読みました。
今私の関心のあることでもあり
著者にとても感心したし
認知症が改善した義母さんの容態にもびっくりした。

たぶん こういう状況で 苦労している方はたくさんいらっしゃると思うので
一緒に考えるうえでも 手元に大切にしておきたいと思う。
もし 必要に迫られれば  この本をお貸ししてもいいし。

IMG_8231.jpg

IMG_8234.jpg

義母さんの描いた 筆者の絵 題は「大事な人」
IMG_8232.jpg

上手というわけではないけれど 惹かれる絵ですね。
IMG_8233.jpg

3日間 個展をやった時の盛会の様子。
筆者の尽力にもよるけれどもすごい。

*市長に絵を誉められた上に何人かのお客様が絵を欲しいと言って下さると、もう マサ子ばあちゃんのテンションは頂点に達し、まさしく会場の花となった*

さっと読んだだけなので まだ 何度も読み返してみます。
今思ったのは 外に出て いろんな人と触れ合うことは大切だなと思う。
お友達も大切です。
それでなくても 年を取るにつれ 知り合いは減っていくと思うけれども
減っていく以上にいろんな人と知り合っていけばいいように思う。
そのためには あなたと会えてよかったわと 思ってもらえる自分でいることも大切だね。

でもどんな人にも無理して合わせる必要はない。
限られた時間だから 自分が自分でいられる場所にいればいいと思う。

これを読んで
思い出した本があった。
この本も手元に置いておこうと思った本でした。

IMG_8235_20180125043715826.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント