短歌は何日か練り直さないとだめ

09 /01 2017
今朝できた短歌をすぐにブログに載せてしまって失敗しました。

庭の花の短歌です。
好みの植物は雑草でも増やしたいと思って草むしりの時に抜かないです。
そうすると植物も認められたと自信をもつのか元気に増えてくるのです。
そういうのが結構うちの敷地内にはあります。
それを短歌にしたのだけれど
もう少し練り直して完成させるのだった。
夜の散歩から帰ってきたら頭がさえてきたのかおかしいと思って少し直しました。


*草取りで 抜かずに残す雑草は 自信にあふれ繁茂してくる 

*好まれて 大事にされて増えてきた 「三時のあなた」邪魔になるほど

*ある年に 突然庭に芽を出した 「桃色花火」 打ち上げ最中(さなか)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント