茶太郎の手術

05 /02 2017
前回、四国に行っている期間に予約投稿で茶太郎の写真を載せていましたが
記事を後載せするつもりができずにそのままになっていましたが
今日書きます。
次男が来ていた時に茶太郎を去勢手術前の診察に連れて行こうと捕まえようとしましたが
洗濯ネットとケージを見たら警戒して捕まらない。
私は 捕まえるのをあきらめて 今度昼寝しているときに洗濯ネットをかぶしてしまって
連れて行くからいいといったのですが 
次男はあきらめず 2階のベランダで時間をかけてケージに入れました。
その時マミちゃんも心配して 茶太郎の顔をなめたりしていたそうです。

やっと連れていけたら診察の時に茶太郎はぶるぶる震えて呼吸も荒くなっている。
お医者さんが 病気の子なんじゃないかと思って 体が弱いと去勢はできないと言っていたくらい。
「でもいつもはすごく元気です」と言って昨日5月1日の手術を予約してきたのです。

その時ぶるぶる震えて呼吸も過呼吸みたいだったときに
ケージから「飼い主さんが出してください」と言われたけれど
私も茶太郎をいつも抱いたりはしていないので 私だって怖いよ。
それで 「ケージを外しましょう」とケージの屋根をあけた。
その時茶太郎は興奮していてもかみついたりひっかいたりしない猫なんだと分かった。
茶太郎いいところもあるじゃない。

それで昨日、無くなってしまう前に茶太郎のタマタマを写真に撮っておこうとカメラを持って追いかけていたら
警戒して逃げる。

そろそろ病院に連れて行かないといけないのに捕まえてケージに入れられるのかと私もまた不安がもくもく。
タマタマ写真はあきらめてお風呂に茶太郎を追い詰めてケージに入れることができました。
そう、茶太郎はかみついたりひっかいたりしませんでした。
その点は茶太郎の美徳です。

朝9時ちょっとに病院に連れて行って
夕方6時に退院できるか確認の電話をして大丈夫ということで迎えに行きました。
麻酔をしたり で わけもわからなかったのか 迎えに行ったときは震えたりはしていませんでした。

帰ってきて マミちゃんのいる2階のリビングでケージを開けたら
やはり手術の跡をなめようとするので あわてて強引にカラーをつけました。
でも、カラーがいたるところにぶつかってかわいそうだなあと思っていたら まだガムテープまではしていなかったので
2時間くらいでカラーを外してしまいました。
見張っていられる時は付けなくてもいいかと思いましたが やはりカラーはつけないといけないかも。
今でも時々なめようとしますから。
帽子のつばなどでちょうどいいのを作ってやればいいのかも。
病院で借りたカラーは ちょうどいい大きさに切ったりできないから。

昨日、夫も来ました。

もう、猫と夫で疲労困憊です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント