ナターシャ グジーさんのコンサート

感動
01 /28 2017
たくさんお誘いしたかったけれど
忙しかったこともあり 結局声をかけたのは5人でしたが3人はご都合悪く
おふたりが来られました。
お二人とも一人は4時まで一人は5時まで用事があるという忙しさなのですが
開場時間には間に合うとのことで。
先に来られる(4時まで用事)友人と軽く夕食を食べて受付に並ぼうと会場まで行ったら
5時まで用事があったかたのほうが早めに来られて前のほうに並んでいてくれたので
2列目の席 真ん前に座れました。

ナターシャさんはすごくおきれいです。
細い。色が白い。着ているお洋服が民族衣装なのか刺繍がきれい。
クロスステッチ?で花の模様などをさしているのか本当にきれいなのです。
スカートの花のパッチワークと刺繍もきれい。
日本の振袖に匹敵するような民族的な衣装なのかなあと思いますが
いつもそういう衣装を着ています。

6歳でチェルノブイリで被爆して30年と言っていましたから
36歳か7歳でしょう。日本に来て17年。

CDの歌の曲名を見ると鳥という言葉が入っている歌が何曲かある。
ナターシャさんは鳥が好きなのかしら。
アンコールで最後に歌ってくれた歌も鳥の歌。
本当に小鳥が高く高く遠く遠く空を飛んで消えていくような歌い方で圧巻でした。

最後はみなで「ふるさと」合唱で終わり。
消えてしまった故郷のチェルノブイリ。
きっと故郷を思っていつも故郷の歌を歌われるのでしょう。
5年前に聴いたときは東日本大震災が起きてまもない時期で
チェルノブイリと重ねてナターシャさんは涙され、会場でも泣いている方が多かった。

帰りは4時の方が帰りを急がれ5時の方が少しお時間あったのでお茶をして帰ってきました。
なかなかいろんな人と集まりたいと思っても個々に連絡を取るのは大変だし
大勢の人だと当日お話も出来ないしと思って余り声掛けできませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

充実した時をすごされてよかったですね。

門倉多仁亜さんの本を読んでたら つつじさんとこの蓄熱暖房機がでてきました。
とても具合がいいように書いてありました。つつじさんの猫さんのうっとりしてる顔をみてたらそうだろうなと思ってました。
 

門倉多仁亜さん

ねこ好きさま♪

門倉多仁亜さんって存じ上げなかったので検索して見たら
お母様がドイツ人、なのでドイツ製のストーブもお使いだったのでしょうね。
御本もたくさん出ているのですね。
どれか読んでみます。
教えていただいてありがとう。

No title

東北の旅を楽しんで帰り、たまった用事もやっと片付きました。
これから旅を振り返り再び想いの旅を楽しみまーす。
↓ にありますが、今回途中下車し見た橋は偶然にも吉永小百合さんが休日切符のロケ地。
早く青森に着きすぎるからと寄ったのですが…。
同じ時期の沖縄、東北を回ってきた者としては異国ですー!

青森の橋

うららさま♪

パッチワークキルト展に行かれたのですね。
まさかり半島日記でも行かれたと書いてありました。
わたしも行ってみようかな?と思っていたのですが期日が過ぎました。
見ごたえがありそうですね。

沖縄は23度くらいだそうです。
夫は12月から行っていてもう2か月になります。
3月までは行っているらしいので
私も、2回くらいは行きたいと思っているのですが。

3月になると泳げるくらいだとか。

絣が多いようで絣でお洋服を作っている方が多くて
結構お店があるんです。
また絣のもの買ってきたいです。

同窓会はおきなわで買った絣のワンピース。
ばっちりでした。?????

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください