捨てられない

手芸
11 /12 2016
カテゴリー 手芸とするのは何とも申し訳ない。
だいたい今までも 雑巾くらいしか作っていないのに手芸のカテゴリーに入れてきた。

今回は 穴の開いたズボンやセーターをつくろっただけ。
↓はズボンに開いた穴を アップリケなどで繕ったもの。
IMG_5162.jpg
猫の顔は破れのところに捨ててしまうシャツについていたのをはがして縫い付けた。
緑のズボンは目立たなくつくろうよりも却って目立ってもいいんじゃあないかとぶつぶつと継ぎあて。
黒いパンツは転んで穴をあけてしまった。でもとても気に入っているパンツだったので花を縫い付けました。

↑の黒いパンツに縫いつけた花は↓の写真の左のウールのズボンのすそについていたもの。

はがして カシミヤ100パーセントのセーターの肩の所に穴が開いてしまったところにも縫い付けた。
1か所だとおかしいかとおなかの下の方にも付けた。
これで 十分着れるでしょう?
あ、でも猫の顔は あ、猫だ!と驚かれたことがある。
猫の顔と緑の継ぎ当てのずぼんは家でしかはきませんけれど。
ちょっと近所くらいは出てしまうことはあるので。
IMG_5163.jpg

捨てればいいものがあるのは重々承知している。
でも、ものの役目を全うさせて捨てたいと思うのです。
気に入ってつかっていた物はなおさら。

11月もあっという間に過ぎてしまうと思うけれど
11月はものを捨てることに重点を置きたい。

今日の写真
イスの下の方に犬がいます。
ちゃあ君は犬と同じ部屋でも平気。
マミちゃんは犬と同じ部屋にはいられません。

IMG_5160.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

同じ繕うにしても センス良くされるんで脱帽です。愛着あるものってなかなか捨てられません。下手の横好きで洋裁をするんですが 余り布が溜まってまして 何とかしなくてはと思ってます。特にリバティなんかは 捨てられません。ダメですねぇ。つつじさんのお家は クッションまで ネコさんなんですね。ちゃあ君が かわいいです。このソファ 爪とぎされませんか? うちのは あれよあれよと言う間に しっかり爪とぎされました! 大阪 今日はポカポカ陽気でした。

リバティ

ねこ好きさま♪
あ、洋裁がお出来になる! いいですね。
私も習いたいと思っています。
ちょっと教えてくれるという方がいますが
なかなか忙しくて時間が取れません。
リバティは小さな生地でもパッチワークや縫い合わせて1枚の布にして
スカートでもなんでもできるのでは?
私も布が好きで何かに使えないかなと 取っておく方です。
今年の冬はドアのところにつりさげる分厚いカーテンのようなものを作ろうと思っています。
猫がいるのでドアをきちんと閉められないから冷たい空気が入らないように
下げようと思って。
乞う ご期待です。

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください