増やす快感

08 /20 2016
ポーチュラカを二鉢買って 地植えにしたら どんどん増えるので
切り取って挿し木のように土に挿すと簡単に根がついて増える。
IMG_4600.jpg

増やした分
IMG_4601.jpg

これは五月ごろ、お訪ねした家で まだちいさいのをもらってきて植えた。
夏になって育ってきました。
「はからめ」というのですがはっぱのまわりに子供ができてそれがこぼれてどんどんふえる。
IMG_4602.jpg

去年は直径50センチにも大きくなったのだけれど冬外に置きっぱなしにしてだめにした。
今年の冬は家の中に取り込もうと思う。

もうひとつ パンジーが地植えにしたのはとっくに無くなったのに
植木鉢に植えたのがまだ花も咲いていて 種をこぼして芽が出ているのです。
この芽をもっと大きな植木鉢に移してたくさん増えないかなと思う。

うちの庭は 地下茎だったり種だったり 毎年勝手に咲いてくれる花で占められている。
種で増えるものはちゃんと実がいって種が地面にこぼれるまで辛抱して
抜かないでおかないといけない。
枯れたものは見苦しいからつい抜いてしまうと種がこぼれずに次の年それがなくなってしまうから。

毎年勝手に咲く花で今咲いているのは

*オシロイバナ
*青ほうずき
*キバナコスモス
*黄釣り船草
*秋海棠
*桃色花火
*三時のあなた
*花虎の尾
*メド―セージ
もうすぐシュウメイギクが咲きます。

洋種やまごぼうは今日切りました。
根っこも掘り出しました。
根っこは牛蒡に似ています。大きさサンダルと比較。
IMG_4603_20160820033841221.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

「はからめ」、こちらでは「子宝草」というものだと思います。
知人のところで小さな芽がどんどん増え急に縁談が決まったとか。
御利益があるかもといただき結婚後は当人のベランダで過ごしています~。
もうすぐ秋明菊、ゆっくりと秋が来ていますネ。

後利益

うららさま♪

うららさんのところは
本当に後利益の子宝草ですね。

一姫二太郎があっという間ですものね。

京都のマンションのベランダだったら大丈夫と思うけれど
北鎌倉の冬は寒いので外に置いたら凍ってしまってだめにしました。
今年は室内で越冬させます。

子宝草が本名で 「葉から芽」は通称かもね。