驚いた!

鎌倉紹介
06 /08 2016
先日鎌倉の若宮大路を歩いていた時に「きもの1日3500円でレンタル」という小さな看板が歩道の隅にあったのを見かけたけれど。

たぶんそういうところで借りたきものだったのではないだろうか?
明月院前の通りを 2人の女性が着物を着て歩いていた。
とてもきれいだった。
思わず「おきれいですね」と声をかけたくなるくらいだったけれど
ふとすれ違ったときに 彼女たちは中国語を話していた。

たぶん着付けもレンタル代とは別でしょうけれどもやってもらえるのだろう。
襟を抜いた粋な着付けで着付け方も上手だった。

中国の方はスタイルがいいですよね。
いやあ、あんなに似合うとはびっくりでした。

女の子の2人連れが着物で鎌倉に来て歩きたいのでしょう。
よく見かけることがありますが 自分で着付けをしたり帯や羽織やら見つくろうと「いまいち!」と思うことも多い。

一人で歩く勇気はないのかな。
仲良しさんで二人ということがほとんど。

「樹」でごいっしょしたAさんが Aさんのお友達で食事に行ったりするときはよく着物を着られる方がいるそうです。
そうすると着物をタンスの肥やしにすることもなく
それに着物は どんなにいい洋服よりも「勝」そうです。

そうなんですよね。
レストランてきれいな人をいい席に案内するのではないかと勘繰る。

コンサートとか、観劇の時くらい 着物を着ていけるようになりたいな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント