ご近所の底力

感動
04 /29 2016
先日、子供食堂などの活動をしている方の講演を聞いた。
とても感動をしました。
子供は バスや電車に乗って遠くまでは行けない。
住んでいる近所の助けが必要。

後日、このことについてはもっと詳しく書きたいと思います。
子供の貧困のことも。
やっと、日本の子供の貧困のことがメディアなどでもとりあげられて問題がわかってきましたが
いままで 日本の子供が貧困だということはあまり聞いたことがなかった。

でも、勉強がわからなかったり、栄養状態が悪くて体調を崩したりする子をそのままにして
ちゃんと働く場所がない大人にするよりも
子供の時のサポートをちゃんとしたほうが経済的投資的な観点からも大きな効果があるということ。
子供の時に必要なサポートが受けられたら その後も 一人の人間として 子供も幸せな人生が送れるのに。
貧乏なのは子供のせいではないのに。

最近は老人の貧困もとりあげられる。
確かに病気をしたり、介護が必要になってそういう施設に入るとお金がかかって
こんなはずではなかったという貧困に陥ることもあるだろう。

いつも気楽な記事ばかり書いているから
こういう記事を書くのは考えないといけないので時間がかかります。
ゴールデンウィーク初日。忙しいです。
また時間のある時に 書いてみたいと思います。
ゴールデンウィークは旅行などはせずうちに家族が全員集まります。

私の誕生日、夫の盲腸入院騒ぎの退院祝い、孫の幸ちゃんの入園祝い、孫のひかりちゃん、1さいおめでと~!
そんなお祝いの会食をします。

私は今朝の体重、今までで最低値。
この頃食べているんですよ。
最近 昨日ちょっと食べ過ぎたから 今朝はきっと上がっているだろうと思いながら体重を量っても 上がっていない。
以前よりは食べているんですけれど。
きっと活動量が増えて消費カロリーが多いのだろう。
消費カロリーを増やすという手もありますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください