沖縄の写真から

旅行
01 /16 2016
重いから パンフレットなど帰るときにホテルのごみ箱のそばに置いてきてしまった。
地名とか はっきりわからなくなってしまって・・。

撮った写真アップで印象に残ったことなど・・。

焼き物の店が集まっているやちむん通り。通行人が写ってしまいました。撮り直せばよかった。
IMG_2886.jpg

この店はひときわ古い家屋で趣があったのでパチリ。 シーサーの店。
IMG_2891.jpg

これはやちむん通りで見た骨壺
沖縄では土葬にしてそれから骨を洗って骨壺に入れた。
大きいのは夫婦で一つの骨壺。
今は火葬になったのでこういう骨壺の需要は減った。
骨壺と言われなければかわいいので欲しい。
いちばん高いのでも3万円くらいでした。
IMG_2888.jpg

沖縄県立美術館で企画展をやっていました。
藤田嗣治画伯の絵が3点あったのはラッキーでした。沖縄で3週間滞在して絵を描かれたそうです。
沖縄のおばあと男の子と女の子の孫を描いた「孫」という絵はすばらしかった。
IMG_2841.jpg

美術館の後ろの方に伝統的な沖縄の家が作られていた。
こういう家大好きです。こういう家が沖縄の南のほうに残っているとか。
住んでみたいです。
IMG_2842.jpg
IMG_2843_20160116015427254.jpg
IMG_2844.jpg

これは美術館の外観。ちょっと変じゃないだろうか。
IMG_2847.jpg

上の写真のあたりに来たときにこのお店の看板が目に入りました。店名は書いていなかった。
IMG_2855.jpg
蕎麦王? 前夜 国際通りで食べたソーキそばがあまりおいしくなかったので
美味しいソーキそばが食べたかった。
美味しかったです。
IMG_2853.jpg
器もいいでしょう。
お店のおばさんがまたとてもよかった。
とても気働きのある人で感心した。

初めにお水がいいですがお茶がいいですかと聞いてくれる。
それで料理が出てきたら食べ方をきちんと言ってくれる。
ソーキそばのスープを初めにそのまま半分飲んでからおかかを入れてまた違う味を楽しみください。
卵の黄身は豚肉のどんぶりに混ぜて
辛子とわさびは豚肉につけて食べてください。とちゃんと説明してくれる。

すごくおいしかったのです。
わたしは外のテーブルで食べましたけれど
中で食べたグループが食べているときに写真を撮っていたらしく
食べ終わって外に出てからそのおばさんはさっき写真を撮っていましたが皆さんお揃いで(私が)撮りましょうか?と声をかけていた。細かいところまで気働きができる方だなと思った。
まずお水がいいですかお茶がいいですかと聞いてくれるところに感心した。
わたしは甘味のお店に入ってお茶が出ないでお水を出す店って2度と入らない。

このテーブルが私が食べていたところ。沖縄に行ったらまた行きたいところです。
IMG_2854.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お忙しい年末年始でしたね。遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

沖縄に行ったことがないので興味深く記事を読ませていただきました。お写真とっても良い感じです。
骨壷、言われなければ糠漬けの壺に使ってしまいそう^^;
ソーキそばってどんなお味なんでしょう。
気遣いのあるお店っていいですよね!

その後ご主人様はもうお元気になられましたか?お大事になさってくださいね。

沖縄

ぶんぶんさま♪

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
一度、ツアーで行って 主だったところを見て
そのあと、気になるところとか 気に入ったところ
じっくり行かれたらいいと思います。

暮らすように旅をするというのはいいですね。

でも私も結構忙しい身なので長期に滞在できませんが
夫は3月いっぱいくらいまで沖縄にいます。
体調的に寒いところが苦手なので
暖かいところにいたいのです。

まだ体調は本調子ではありませんが
暖かい沖縄でのんびりしていればよくなるでしょう。

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください