今年一番の芸術写真

旅行
01 /12 2016
9日に神戸からバスに乗って終点の高松駅に降りたのは7時半ごろ。
夫のマンションに向かっているときに不思議なものを見ました。

IMG_2921.jpg
道に 汚れた長靴が揃えて置いてある。
どうしたんだろうと不思議で写真を撮りました。
なかなか面白くありませんか。

それから夫のマンションについてあまり遅くまで洗濯機を回してはいけないなと思いながら
洗濯。布団のカバーとか洗濯したいものがあったのです。

なぜ、忙しかったかというと 10日に次男がお友達3人とレンタカーで旅行をして夫のマンションに泊まるというから。
それでは若者4人が気持ちよく泊まれるようにお掃除をしないとダメでしょうと思って。

いつも夫のマンションに行くとトイレ お風呂 洗面所 流し ガスコンロなどごしごし磨かないといけないところを
すぐに掃除をする。
「余の辞書には磨くという文字はない」のです。

それから 住んでいる人がわかりやすく住んでいるのだったらいいかなと物の置き方などは
放っておきましたが
客人が来るとあれば別です。
それに住人が今は沖縄に行っていて留守ですからいつもは私はしない片づけも今回やってしまった。

掃除がいつまでかかるかわからなかったから
知り合いに高松に来ていると連絡することもしなかったけれど
それは、よかったです。連絡していても会えなかった。
次男たちが夕方6時過ぎには到着するかもしれないので 時間を見ながら焦ってお掃除をしました。
フローリングのワックスがけ、窓ガラス拭きなどもしたかったけれどもう時間切れ。

次男は夫のベッドに寝ることにして
3人分の布団を和室6畳に敷いて マンションを出ました。
高松からマリンライナーに乗ったのが6時5分
岡山でのぞみに乗ったのが7時33分 新横浜に着いたのが10時30分。家に着いたのが11時45分。

次男たちは7時ごろ着いたようです。
「お母さん、(お掃除終わらなかった)と言って俺たちが行ったときにまだマンションにいないでよ」と言っていたので
危うくセーフでした。
まだもう一人分お布団はあったし
もう一部屋空き部屋はあるから私が泊まれないことはなかったのですが
友人が気を使うからと思ったのでしょう。
でも「すごくきれいになったね ありがとう」と言ってくれました。
ありがとうと言ってくれるところがかわいいところなのです。

わたしも夫のマンションはすごくきれいになったと思う。
テーブルにちんすこうとかせんべいとかコーヒーのスティックとか用意してきたし。

しかし、この最後のお掃除も含めて波乱万丈の旅行をしてきたのに
疲れは感じていない。
年を取ると2、3日遅れて疲れが来るんでしょうって?

沖縄のことはまた別記事で・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください