写真の撮られ方

写真
12 /20 2015
何時も花とか動物とか食べ物とかブログにアップする対象は撮っていますが
人物はブログに載せないようにしているので
人物を撮るのはうまくありません。
この言い方では 花とか動物とか料理は 撮り方がうまいと言っているようですね。

会食をしても料理ばかりぱちぱち撮って
友人や親せきやらを撮らないということがほとんど。
後で、あっ!と思うことがある。
人物を撮ってもブログに載せられないしと興味がなかった。

自分も実物がそうなんだから仕方がありませんが
写真、奇麗に撮れたことが少ないから
自分の写真もあまり撮ることはなかった。

女優さんとか子供のころからかわいいと言われている子は
自信がそうさせるるのでしょうね。
ポーズの取り方も表情の作り方もうまい。

私などは集合写真を撮るときなどでも
なんだか自信のない顔をしてしまう。
それで凹凸のはっきりした顔でないので
なんだかぼんやりと写る。

秋の団体旅行で歌舞伎座で撮った写真をもらった。
4人で撮った小さい写真。大きさにして身長5センチくらいしかありません。
焦点の合っていないようなぼんやりした写真でしたが
私 こんなに小顔だった?とびっくりしたので
その写真をまた自分のデジカメで撮って
他の人の部分を切り離してしまってちょっと大きくして見た。
わかりました。小顔に見えたのは
斜め上くらいからライトがついているのであごの下あたりが影になっている。

小顔に見えるから身長も高く見える。今年計った実際の身長は159.5センチ。
若いときは161.5センチだったのに。
この時、ヒールのない靴を履いていましたが
女の人はきれいに見えるからハイヒールを履くのだなあとわかった。
今度写真を撮るときは足が長く見えるように背伸びをして撮ろうっと・・。

それからその写真では若干あごを引いている。
そうするとちょっと目が上目づかいに見開く感じになって
もともとがぼんやりした写真ですがちゃんと黒目が写っている。
ちょっと体は斜め加減。
すこし細めにみえるように・・。

なんかいろんな条件が重なって
お、きれいじゃない かわいく撮れたじゃない と思った写真です。
今度から写真の撮られ方 お化粧の仕方 洋服のセンス 研究して行こうと思います。

今年、 流行語大賞ではありませんが 私にとって一番は
「あなた綺麗になったんじゃない?」です。
ちょっとしたきっかけで人は変われるということがあるかもしれません。
どうせデブだしとか 年だしとか 無造作になってしまうのと
気を付けていくのと きっと全然違うし、自分も傍の人も幸せにすることかもしれません。

IMG_2750.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください