ユスリカ

感動
12 /02 2015
夕暮れ前のひと時
2階のベランダにいたら小さな蚊みたいな虫がいっぱい上下にぶんぶんぶんぶん飛んでいる。
夕日があたって明るい空間。
これはなんという虫だったっけ?
確か2日間くらいしか生きていないとか?
と検索して見たら(上下に飛ぶ小さな虫、2日間しか生きない)で検索したらわかりました。
ユスリカです。

この虫の短歌を美智子さまが作られたのよね。

それも以前記事にしているのに忘れました。
それでこれも検索。
(美智子さまのユスリカの短歌)
検索は便利です。わかりました。

皇后陛下
生命(いのち)あるもののかなしさ早春の光のなかに揺り蚊(ユスリカ)の舞ふ

写真が撮れるかなと新しいカメラで撮ってみました。
光っているのがユスリカです。

IMG_2391.jpg

ユスリカは 子孫を残すために2日間くらいしか生きないと
以前よんだ気がするのですが
今回検索したところでは 4、5日生きるようです。
オス対メスの比が100対1とか。
それで上下に忙しく飛んでいるだけかなとよく見ていたら
ちょっと衝突するように飛び方が乱れるときがある。
そこに、メスがいたのかな?

家の前の斜面のところに
小鳥が糞をして落とした種が育ったのでしょう。
赤い実がなるのは花が少なくなるこの時期 とてもいいです。

IMG_2395.jpg
こんな写真を撮っていたら(結構距離があったのにズームアップして割ときれいに撮れました)
光が届かなくなった庭には ユスリカの姿は見えなくなりました。
いなくなったわけではないのでしょう。
見えないだけだと思うのですが..。

美智子様のお歌のように
ユスリカって何かかなしい気持ちにさせられます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください