セスキ

耳寄り情報
10 /23 2015
これを知ったのは テレビでお笑い芸人でお掃除の資格も取っている人がお掃除をやってみせる時に使っていたので
初めて知りました。

名前が覚えられないです。
セキスイなどと覚えてしまうから
セスキ 背好き と覚えたらいいかも。

あの人の「背好き」って。

IMG_2286_20151023101655d13.jpg

初め 容器入りのを買って すぐになくなってしまったので粉末を買いました。
初めの容器を使えば間違えないし粉末はとても経済的です。
500CCに小さじ1,2杯でいいのです。
スプレー容器は350CCですから、粉から何個分作れるでしょうか。
粉は一袋300円くらいだった。

まだレンジ周りくらいしかやっていませんが
優れものです。
換気扇のまわるところの細かい階段みたいなところに
これを吹きかけて拭いたらさっときれいになるか
やってみていないのですが
奇麗になったらまた記事にすると思う。感激して。
あそこがほんとうに厄介なところですから。

前回の換気扇の掃除は次男が手伝ってくれたなあと懐かしい。

これは強力な洗剤と違って環境にも優しいのです。

何年か前に 重曹がお掃除にブームになりましたが
今も重曹はよくつかわれていると思いますが
これ(セスキ)は何時からあったのだろうか?
昔からあったのにそんなに知られていなかったのだろうか?

きっとこれを大々的に宣伝したら
他の洗剤が売れなくなるくらい優れものだと思うのであまり宣伝していないのでは?

さかんにテレビCMをしているファブリースを見るたびに違和感がある。
あれを信じておなじように頻繁に使っている人がいるのだろうか?

野球などをしてどろどろの足で汚れたユニフォームでリビングに入ってきてソファーに座る人がいるか?
そのあとをファブリースでさっさとして「きれい~」とほおずりする人がいるか?

まずお風呂でシャワーして新しい洋服に着替えて部屋に入るでしょう?
ファブリーズでやったって菌は死ぬかもしれないけれど 汚れは取れないでしょう。

そろそろ大掃除の時期になるので
早めに優れものを記事にしました。
きっとご存じない人もいると思うので。
お店に行っても目立たないところに置いてあって
知らないと買わないと思う。

この水はアルカリ還元水を作る機械で
塩をつかうとできるのですが面倒だしたくさんは作れないし今まで2、3回しか作っていません。
その時にその水はよく落ちるというのはわかっていたのですが
セスキという商品名でこんなに安価に使えるのだったらもう塩では作らないです。

ー追記ー
換気扇のまわるところ、セスキでも一筋縄ではいかないかもしれません。
頻繁に掃除をしている人はべつかもしれませんが
うちはお掃除サインが出ても無視しているから・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント