マダム・イン・ニューヨーク

映画
09 /27 2015
マダム・イン・ニューヨークという映画を見ませんか?
と誘ってくださった方がいたので 孫たちが23日に帰って 映画は24日なので 時間はあると券を頼みました。
鎌倉には映画館がなくて不便です。
いちばん近くて港南台、上大岡、辻堂などでしょうか。
マダム・イン・ニューヨークは 鎌倉学習センターで見ました。
ここは、スクリーンは小さくて 大きな劇場には及びませんが近くで800円くらいで見られるのはいいです。

だいたい誘われたら よほどの不都合がない限り お誘いは受ける。

馬には乗ってみよ 人には添ってみよ と言いますから。

マダム・イン・ニューヨークは 自分も頑張ってみようかな?と思わされる映画で見てよかったです。

*あらすじ*
インドの主婦がニューヨークにいる姪の結婚式に出るために結婚式の6週間前からニューヨークに一人で来る。
インドの家族は結婚式が迫ってからくる予定でインドにおいてきている。
この主婦は英語ができないので
入国の時も「姪の結婚式に出るために来ました」というのを何回も練習し
それからニューヨークに来た当初 コーヒーの注文の仕方などスムーズにできずに悲しい思いをする。

そんなときに4週間で英語が話せるようになりますという英会話教室の広告を見て入学する。
他の生徒も外国から来てニューヨークで働いて英語で苦労している人たち。

彼女は 家族の中で一人だけ英語ができなくて
娘などはお母さんを軽んじているようなところがある。
夫もお菓子作りの得意な彼女をそれだけの女だみたいな言い方をする。

でも英会話教室で学んでいくうちに彼女は自信を取り戻していく。

わたしも勉強してみようかなと 励まされる映画でした。
インドの映画ってよく踊りのシーンが出ますが楽しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント