昨日の記事の続き

健康
09 /03 2015
子宝草は今朝の時点でこんな風です。
直径50センチの特大の植木鉢に植えてあります。
子供が大きくなってきているので小さなポットにでも植え替えて売ろうかな?
IMG_2094.jpg

これは8月22日に撮った写真。どんどん大きくなっています。
IMG_2055.jpg

一度親の葉っぱの縁から全部地面に落ちた子供も
第2弾が育ってきています。
IMG_2095_201509030705213d1.jpg

この植木鉢に一緒に植えてしまいましたが
トウモロコシみたいに見えるのがハマユウの芽です。
ハマユウは1メートル四方くらいに大きくなりますから
大きくなったらこの植木鉢にハマユウは一つくらいしか残せないでしょう。
子宝草はどこかに引っ越しかな。

子宝草と ハマユウの話はさておき うつ病がひきがねになっておこる認知症は
30分の散歩と全頭葉の血流をよくするために散歩しながら川柳をつくるといいそうです。

お二人のケースが出ていましたが
お寿司屋さんを息子さんの代にゆずったおとうさん。
いろいろな体の不調が出て記憶力も怪しくなっていました。
初期のアルツハイマー型の認知症と診断されてお薬を飲んだりしていましたが
ほんとうはアルツハイマーではなかったのです。
お店の店主を引退したことによるストレス。

もうお一人は67歳くらいの主婦。
自宅を別な地域に新築して住みだしてからストレス。
一日中家の中で一人でぼんやり。
顔つきも頭がはたらいていない様子に見える。
散歩1日目、川柳をつくろうとしても 5、7、5 の最後の5を考えると 最初の5はどんな言葉だったか忘れている。
川柳はやっと1個作れたくらい。
その方も続けるうちに顔つきがかしこそうになってきて、検査で前頭葉の血流をしらべると改善してきている。

高齢になってから 生活を変えるというのは注意が必要ですね。

わたしは 犬の散歩があるから 30分の散歩というのは十二分にクリアー。
それでは川柳をと作ってみました。

*毒のある 洋種ヤマゴボウ 庭にある

*きんぴらの おかずが出たら ご用心

*吠える犬 おりこうさんねと てなづける

*ほめられて バツ悪そうに 黙る犬

もういくらでもできます。
きんぴらのおかずというのは洋種ヤマゴボウの根っこが牛蒡に似ていてそれできんぴらを作ったら
みかけは似てると思ったので。
毒は根っこにあるらしいのでブラックジョークです。
でもこんなことを書いたら やってみようと思う人が出て来たらいけませんね。
そんなに毒性はないから効き目はありませんと書いておこう。

犬と散歩をしているとよその犬が吠えることがある。
おりこうさんね 吠えないのよ というと 大概の犬はおとなしくなる。
犬はお利口さんねという言葉を知っているなと思う。

散歩で10個は作れるようにやってみます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント