夏向きの窓

手芸
08 /27 2015
今年の夏、テレビを見ながら ほどいた浴衣の生地をチクチク縫っていた。
何にしようかと思ったわけでもなく5枚の布をつないだ。
洗いざらした木綿地は肌触りが良いので 
同じ大きさのはぎ合わせ布を2枚作って中表に縫ってタオルケットの代わりに使おうかと思ったり。

暗い部屋ではレースのカーテンと違ってあまり光がとおらないので暗くなってしまう。
2階のリビングは西日が当たるので明るい。
そこの窓につけてみたところです。
夏らしくていいでしょう。

IMG_2082.jpg

上部分を竿に通せるようにして
下は窓枠にちょうどいい長さに合わせて裾上げをしたら 割といいかもしれません。

これは白地に紺の模様を2種類使ってつくりました。

IMG_2077.jpg

こちらは灰色に見える紺色の男性物の浴衣の生地を1枚使いましたがこれは透けるし使わないほうがよかったかな。
直すかもしれません。でももう夏も終わりなので完成は来年になるかも。

IMG_2078.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント