大和駅の骨董市

掘り出し物
04 /19 2015
訪問しているさんちゃん情報で大和駅で毎月第3土曜日に大骨董市が開かれるという。
久しぶりにお天気も良かった。
さんちゃんのご家族とぶんぶんさん、riroさんもいらした。
でもああいうところを大勢で歩くのは無理。
迷子になってしまう。忙しいのに皆さん私に合わせてくれたのかなあと悪かった。
今度からは一人でも行けます。

それに 珍しいものもあるかもしれませんが
えてして骨董ということで高い。
バザーとかフリマとかリサイクルショップのほうが安い。

早めについたので一人で見ていた時に家紋を摺れる木枠に囲まれた型があった。
興味があったのだけれど皆さんと会って他の処を見て再度そこに行ったらもう皆売れてなかった。
気をひかれたものはすぐにゲットしないとダメだなあと思った。
それは多分家業でそういう仕事をしていたプロの使うものだっただろう。
そういうものはリサイクルショップにはない。

古い着物とか藍染の布とか多かった。
絣や藍染の布をはぎ合わせた敷物というかタペストリーが22万とか15万とかしていた。
外国の人が買っていくと言っていた。
こういうのは作ろうと思えば自分でも作れるよねと思った。
布が好きなのでいつか作ってみたい。

だいたい2枚で3000円とか2個で1000円とかいう値段設定に弱いので
2個で1000円というお店で買ってきたもの。

香欄社の菓子皿と鍋島崋山の小鉢。両方で1000円。
IMG_0707_20150419013148906.jpg
鍋島崋山の遊ぶ子供の図柄はよく見かけますがコピーした偽物もあるのです。
藍色が深くてくっきりしたものが本物。
もちろん、上の画像に映っている四角い小鉢は本ものです。いいものだと思います。
使用感はあったのでよく洗いました。

香蘭社の菓子皿はすごい古いハードなケースに入って薄紙に包まれたままで未使用品でした。
イズミビル落成記念と箱に書いてありました。
引き出物でもらってず~っとしまわれていたものなんだなあと思う
しかし50年以上は経っていそうな箱の古さです。
箱から出して使ってやらないとかわいそうな気がするでしょう。
それにこういう図案は今もあるけれどももしかすると古い価値もあるかなあと思って手に入れました。
箱は捨てます。
IMG_0709_20150419013803510.jpg

刺し子のコースターを1枚だけ。100円。
IMG_0710_20150419015330257.jpg
うららさんの刺し子の先生が
下手にさした刺し子は雑巾だけれどきれいにさした刺し子は芸術になると言われたそうですが
(正確に覚えていないので言い回しや言葉が違うかもしれません)
この刺し子のコースターもまだ修行の必要があるのでしょう。
刺し子に興味があるので見本に買ってみました。

風が強かったけれど陽射しが強くて犬の散歩よりも疲れた。
出店数は300店とのこと。
ランチの時とお茶の時に2度もデザートを食べておなかが空かないので夕食は抜きでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いいモノ見つけましたね。
これで1000円は安い!
香蘭社のもの、ワタシも親のところにあったのもらってきています。
刺し子は書かれているとおりで正解。
チクチクとたどたどしい針目も味があるかもしれませんが、パッチワークも進化して美しい針目のものが目を引きます。

ハニーちゃん、幸せ太りだワンー♪

昨日はお疲れ様でした。
私は目利きができないけれど、見るだけでも楽しめました。古いものを手離す人と手に入れる人と、なんだか不思議な気がしましたね〜。物はやっぱりしまいこんだら駄目ですね。


正解

うららさま♪
刺し子の先生の言葉は正解でしたか。
印象に残っていましたが間違えたら失礼だと思っていました。

品格が感じられるような刺し子ができたらいいのですね。

ハニーは飼い主ともどもダイエットです。

骨董屋さん

ぶんぶんさま♪
あんなに骨董屋さんがいるのかと思いましたね。
個人の人も出しているのかね。
印象に残ったものもあるのですが買ってはこなかったけれど
そういうのが出会いなのでしょうね。
でもそういうものを全部買ったらまた大変なことになるし
よほどのものでない限り手に入れるのはやめた方がいいと思いますが
それは2度と会えないものになるので
なんだか帰ってからも頭にありました。