モチベーションを上げる

料理
04 /11 2015
次男の居る朝食。我ながらすごい。
昨日魚屋さんにホタテがあったのでホタテも焼いたし。
しかし、生きているホタテを焼くのは私は動物が好きなので苦手で買わなければよかったと思った。

IMG_0628_20150411175930345.jpg
松山で友人にいただいたワカメもお味噌汁で食べましたよ。
「お味噌汁美味しくない?タニタ食堂の味噌使っているの」

と言ったら、「ああおいしいね」とモチベーションの上がることを言ってくれる。
食べてくれる人がいるから料理って作れるんだよねと思う。
本当は自分一人でもきちんとしないといけないのですが、
モチベーションは上がらない。

ライフオーガナイザーの入門講座を受けて
まだほんの少し片づけなどやっただけなのに
「なんかうちの中すっきりしていない?」などと言ってくれる。

まだまだこれからでございます。

ライフオーガナイザーの勉強、すごくいいかもしれません。
これからとても、世の中の役に立つ勉強じゃないかと思う。

講義の内容に関係があるかな?と松山に行く前に高松の本屋さんで買って
松山往復の車中と
鎌倉に帰ってくるときの新幹線でしっかり読んだこの本。紹介しておきます。

IMG_0595.jpg

断捨離のやましたひでこさんのお名前は良く知っていましたが
小松でその家の方が相次いで亡くなって7年ほったらかしになっていた古民家を買って
荷物を片付けて
家も傷んでいたのでかなり元に戻すのは手を入れたそう。
小松は古民家が多いということ初めて知りました。
小松は行ったことがないのでそういう家を見に行ってみたいところになりました。

親の家の片づけというのもすごいことになっていますね。
何しろ、田舎では昔は結婚式もお葬式も家でしましたから
客用布団が100組とか、40組とかしまってあるそう。

本の表紙の左端のほうを見ると
初心者は、1か所片づけからと小さな字で書いてあるでしょう。
これを私も最初にやってみました。脱衣所洗面所のもの入れを片づけたら
外見は同じなのになんかすっきり見える。
引出の中が奇麗になっていると自分でわかるから感じる「すっきりさ」なんです。

その嬉しさのモチベーションが他の場所の掃除までやる気にさせるでしょう。

しかし、まず物を減らすのは 最前提ですね。

脱衣所のもの入れも下から2段は空になった。
空間のできる嬉しさをモチベースションに!

まだ始まったばかりです。
勉強も進めてみようかなあ?とまだ漠然とですが思っています。
教わるということはいいことです。

それに、その知識はこれからの世の中に役に立つと思う。
お年寄りが増えてくるし、
片づけのできない若い子もどんどん増えてくるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます!
遠くから松山まで来てくださって、どうもありがとうございました!!

懐かしく、うれしくて、こころ豊かなひとときでした~~♡♡

ライフオーガナイズの入門講座で学んだことを、さっそくお家で実践してくださって、どうもありがとうございます♪♪

おたずねするのがもっと楽しみになりました!!

また遊びに来ますね~。

お世話になりました

つるちゃんさま♪

教えていただいたことがきっかけになって
私が変われたらすごいと思います。

きっと人の家だったら私でもきれいに片づけられるのだと思います。
こんなの要らないでしょう!と思うもの。

少しづつやっていきます。

時々成果はブログ記事にもしますから
お時間のある時覗いてみてください。

今日はコメントありがとうございます。