影千代 復活?

01 /22 2015
今週から、ステロイドを半分にしてもらった。
特に影響なく 食欲もあるし水も飲める。

11月1日2日くらいまでは散歩もしていたと思う。
11月3日くらいに疲れるのだろう 道端で座っているのですぐに散歩を切り上げて
帰りは抱いて帰ってきた。それが散歩は最後だった。
11月5日くらいに 猫の病気に触れたブログ記事を初めて載せたから
なから3か月の闘病です。
その間外に出る体力はなかった。
机に飛び乗るのもズルッと落ちてしまうくらいだった。
一番太っていた時は5キロあったのに1年前は4、6キロになって
食べなくなって飲まなくなって病院に行ったときは3、4キロくらいだった。
それから最低2、9キロくらいまで落ちた。
本当に骨と皮だった。
カリカリしか食べない子だったのが カリカリを食べなくなったが焼きカツオなら食べると焼きカツオを・・。
その後15歳以降の猫の流動食の様な缶詰は食べたけれど水は飲まないので
それを倍くらいにお湯を入れて増やして水分も摂れるようにして
それで命をつないでいたようなものだった。

その間いろいろこれなら食べるかと手を変え品を変えベッドまでもっていった。
もともとカリカリ一辺倒な子だったので刺身などは食べず。

それが、お正月明けくらいから 
カリカリでもシーバでも焼きカツオでもモンプチでも
おいしそうに食べるようになりました。
17日に病院に行ったらそれでも体重は3、06キロ。
やっと100グラムくらい増えただけです。
でも今週も体重が増えていると思う。毛艶もよくなってきた。

外に出たいという気力も出てきた。
病気前まで 外に出たい猫と出したくない私の知恵比べで
もう私が負けてかなり自由に外に出ている猫になっていた。
デモ、あまり遠くには行っていないようなので安心はしていた。

昨夜、犬のトイレにちょっと外に行ったときに猫も出たかったのだけれどおさえて
犬と私だけが出ました。
すぐに戻るときに 猫のことを気にして入ったのにまあ、いつの間に出たのでしょう。

家の中を探しても猫がいない。
え?と思って玄関を開けてみたけれどいないし。
そうしたら、庭に回ってリビングのサッシ戸のところにいました。
何時の間に出たのかと思いますが
私と犬が玄関に入るときにさっと出てしまったとしか考えられません。
外に出たいという気力と体力が出てきたのです。

リンパ腫で完治はしない、末期ですと言われて私ももうだめかと思ったけれど
また、普通くらいの体重になって元気に外にも行けるようになれるといいなと思う。
きっと、元気になったのねと 喜んでくれる人がたくさんいる。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント