プレゼント

家族
12 /21 2014
孫の幸ちゃんのクリスマスのプレゼントと親戚にお歳暮、どうにかすみました。

幸ちゃんのクリスマスプレゼントは昨日やっと送りました。
雪国は、発送がたまっていると 持ち込んだコンビニで言っていました。

品物を2か所にネット注文して 一つは水曜日に来たのにもう一つが昨日土曜日の3時半に届いたので
コンビニに4時までに持ち込まないと当日受付にならないかもしれないので大急ぎで送りました。

やれやれ、これで気になっていたことがなから終わったかな?
年賀状はまだです。

幸ちゃんへのプレゼントは公文の知育玩具。
あまりお外遊びができなくなる冬なので
それに従妹たちとも遊べるようにジグソーパズルと木の四角や三角やらで形を作るタングラムというおもちゃ。

もう一つ数字を100まで磁石付きの駒で並べるというのは
我が家用に注文したのですが
3歳からと書いてあったのでそれも一緒に送りました。
なぜ、うち用に欲しかったかというと
これは以前 認知症予防教室のサポーターをしたときに使ったものだったから
今度は自分でやってみようかな?とか・・、
我が家に遊びにいらしたかたなどにやってみてもらってもいいのではないか?とか・・。

IMG_0391.jpg
プレゼント用は包装してもらって
数字版はうちで使うからと包装なしで送ってもらいました。
数字盤は別の会社になるので別々に届いたというわけです。

包装してあるほうは
ほかのものも入れようとおもってうちに送ってもらったのですが、直送してもらえばよかったです。

それで、この際数字盤も送るかと一緒に送りました。

ジグソーパズルは動物シリーズのパート1からパート3までの3種類。
成長に応じて難しくなるようにできています。
タングラムは図形の感覚が鍛えられるのだと思うけれど
興味がなかったら無理にさせなくても、ある時期に来たら夢中でやるようになったとか使用者の声がありました。

数字盤は認知症予防教室でやった時は ストップウォッチで計るのです。

従妹のお姉ちゃんもいるのでみんなで遊んでください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント