あわや、遭難!

08 /11 2014
関東は比較的台風の影響は少なかったのだろうか?
鹿沼のほうで突風がひどかったらしいけれど。

うちのほうも、時々大降りになったり、風が吹いたり、晴れたり、ほぼ一日中荒天ではありましたが
草木が倒れるほどではなく植木鉢も避難せずにそのままで大丈夫でした。

しかし、前の山のどんぐりが 倒れないかという心配は一日中していました。
うちの庭の端っこに植えてある紅葉する木の葉っぱと
どんぐりの木の枝の先の距離がくっついてしまうようだと危ないとたびたび定点観察をしていました。
右下の丸い白いの二つは 切りのこしたアジサイで
その上5センチくらいのところのちょっと黄緑に見える葉っぱがあるところが定点観測の場所。

IMG_9506.jpg

それなので 雨はひとしきり激しく振っても長くは降り続かないとわかっていました。

3時ごろほとんど台風でないような何でもないお天気になったので犬の散歩に行こうかと思いましたら
また雨。
それで止めて、5時ごろに、暗くならないうちにトイレ散歩だけでもと出かけましたら
犬は、ほっておくととっとことっとこ公園までは勝手にいきます。
公園についたら急に大雨が降ってきた。
とりあえず集会所みたいな建物の玄関の屋根のあるスペースに避難。
奥行きが2メートルもないようなスペースで風の向きによっては雨をよけきれなかったと思うのだけれど
建物の横から風が吹いていたのでどうにか濡れず。

カサ立てに置き忘れた傘が4本あったのでそれを前に傾けてさして
犬と一緒にしゃがんでいた。

雪山で遭難して穴を掘って救助を待っている人の気持ちが少しわかった。
もちろんそれと雨宿りくらいとは大違いですけれども。
近くに住宅があって本当に困ったら助けを頼めるし、
タクシーを呼んでもらうこともできるだろう。

携帯を持っていて 次男が居たら 車で迎えに来てもらうことができたなあと思った。

そのうち少し空が明るくなって薄くなった灰色の雲が上空をものすごい勢いで流れていっていたので
もうすぐ止むかなと思った。

止みました。

それで、急いで帰ってきました。

それでも40分くらいは待っていたかと思ったけれども
家に帰ったら6時18分だったので多分30分は雨宿りしていなかったと思う。

変わりやすいお天気なので散歩は近くで済まそうと思ったのに 
快調に歩く犬の勝手にさせて うかつでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

つつじさんへ

本当に日本列島いろんなことがありすぎましたね~

遭難!しなくてよかったぁ~
ワンチャンもお散歩で嬉しくなったのでしょうねー。ワンチャンの気持ちが良く解ります(笑)

わが家にもかつては買っていたんですよー。
その子の名前が『ぴんく』なんですー。

やはり、さんぽの『ぽ』を聞いただけで
60cmほどもジャンプして大喜びですー。

ワンチャンにヨロシクです。

土砂降りの雨の中

ぴんくモッチーさま♪

犬は土砂降りの雨の中は歩かないですね。
雪はだいじょうぶなんだけれど。
それで雨宿りしかないと思いました。

家の中でトイレをしないので必ず外に散歩に連れて行くのは必須なのです。それで誰か留守番がいないと私は旅行に行けなくなりました。

この辺の解決策が急務なの。

No title

 御無事でよかったです
栃木は竜巻
大変でしたね

わが家のワンコは
行きつけの獣医さんのところでペットホテルもやってくれてたので
連れていけない旅行の時は
預けました

先生とワンコも仲良くなって
病院が近づくと嬉しそうに
先生先生❤ とトコトコ嫌がらずに行きました

獣医さんが予防注射だけの時は
いや~~ん って泣いて尻込みしたけれどね

なるべく家で

遊工房さま♪

なるべく家で見てやりたいと思うので
鎌倉見物したいから犬の散歩くらいするから泊めてという人がいないかなあと思っているのです。
動物が好きな人でないとダメだし、
ご夫婦だったらいいけれど
うちは女所帯なので女の人のお友達同士とか親子とか
がいいなあと思っているのですが。

遊工房さんの家のワンちゃん
ユニークな子だったんですよね。
犬を預けるところは探せばあると思うけれど
まだ猫もいますからね。
それだったら誰か家に来てくれないかと思います。

鎌倉を描きたいという画家さんはいないかな?