托鉢が・・・

鎌倉紹介
04 /07 2014
托鉢のお坊さんの集団が 家のほうに回られてきた。

明日から夫がツアーでアフリカに行くという。
ツアーなので大丈夫と思いますが
無事の旅行をお経をあげてもらうことで祈れてよかった。

前にも同じようなことがあったと思ったのは
多分 次男が カナダ留学の前日にも托鉢のお坊さんが回ってきて
お経をあげてもらったような気がする。

その時も、無事を祈れてよかったと思った。

この時期、托鉢が年中行事になっているのかもしれない。

面白かったのは
外に出ていた影千代がお坊さんの足元にくねくねくねくね体をこすりつけて
ピンと立てた尻尾で
お坊さんの僧衣をピシピシピシとたたくのは面白かった。

もう写真が撮りたくて、撮りたくて、デジカメを取りに 玄関に入りたかったけれど
かろうじて我慢。

お坊さんとのツーショットではないのですが
この椅子と一緒に撮った写真を載せます。

IMG_8341.jpg
この椅子を 粗大ゴミに出すかどうか迷って結局出さなかった。
猫の爪とぎでボロボロだけれど
猫用にとっておかなくていいのかと思って。
同じのが2個あって もう一つは私がパソコンを打つ時の椅子で 
爪とぎはしていないのできれいだし、とても座りやすい椅子なのです。

今日は粗大ごみを 3つ出した。
ひとつはソファーベッド。
これは階段からあげられなくて庭からベランダに引っ張り上げて2階にいれたのです。
革製でなかったので表面が劣化してぽろぽろ剥がれて落ちる。

もう捨てていいと思ったのですが
何しろ階段からは下せないから
側をはがして 小さく切って燃えるごみのときに大きいごみ袋二つづつ分けて出した。
あとは木枠だけになったのですが
次男が手伝ってくれて助かった。

あとは、ダイニングテーブルひとつと木の椅子を一つ。

犬の散歩から帰ってきたらもう粗大ごみの引き取り車が引き取っていった後だったので
さっぱりした。

もう、大きな家具は買わないことにする。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント