秋田の写真

旅行
02 /01 2014
26日に仙台で泊まって
さてどうしようかと思っていた。
秋田美術館の藤田嗣治画伯の展示を見に行くか
帰路について途中でちょっとどこかに寄るか

しかし、せっかくここまで来たのだからと秋田に向かいました。
以前来たときは大雪で曇り空でびっくりしたけれど
晴れているときの車窓は明るくてきれいでした。

駅から10分くらいの美術館への道もアーケードがあったりして雪は積もっていなかった。

IMG_8036.jpg
左端の雪の柱のようにみえるのは横手のかまくらです。

ここの一押しは秋田の四季を描いた藤田画伯の壁画でしょう。
4メートル×20メートルくらいあります。
小さなコピーを買ってきたので写真後載せします。

この日、夕方の犬の散歩をする人がいないので それが気になって早く帰らないといけないと思っていたのです。
美術館を見て駅に帰る道々ぱぱっと撮った写真です。

IMG_8038.jpg
時間的にもお昼だったし 寒さ対策にもこんなお鍋食べたかったけれど
時間がないからダメ。
しかし、夜7時45分ごろ帰ったら 娘が風邪気味で会社を休んだと もう犬の散歩はしたというので
何だそう連絡してくれたら 急いで帰らずに済んだのに。
きりたんぽのお鍋を食べられたのに。
それから、もしかするとブログでお知り合いの方たちにも会えたかもしれないのに。
この日、チャコさんは偶然にも美術館に行っていたとのこと。
たぶんうららさんも行かれるという話を事前に伺っていたので私がもう少しゆっくりしていたら会えたかもしれない。
私は2時10分の新幹線で帰ってきたのですれ違っていたかもしれない。

お弁当を買い込んで食べて、本を読んで、爆睡して 東京まで4時間くらいです。

新幹線だと秋田だって近いです。

IMG_8037.jpg
これは防雪のために置かれているのかな。

IMG_8039.jpg
このお店には 秋田のものは全てあると書いてあったな。

IMG_8042.jpg
これは秋田から盛岡に近づいたころの車窓から。

最後の4日目の新潟は
トキメッセに登って食事をして
5階でやっているという篠山紀信さんの写真展を見たかったのですが
ちょうど雨が降ってきて灰色の空だったので高層ビルに登っても視界が利かないと思って行くのはやめて
新潟駅ビルをうろうろして新しくできたぽんしゅ館など見て食事をして帰ってきました。

上越新幹線は全席指定ではなくて
自由席もあるので気楽に乗れます。
2階建ての車両は見晴らしもよく行きは「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」の越後湯沢がいいし
長岡は雪がありました。
新潟はあまり雪はない。

帰りの列車の車窓は、田んぼが茶色系のパッチワークのようにきれいだったし
高崎近くになった夕方5時ごろ、
犬を散歩しているおばさん、帰宅途中の中学男子、
景色の中にその二人くらいしかいなくて その二人がすれ違って 牧歌的な印象。

いろんなところで人が生きているんだなあと しみじみ思うような。

これで、今回の旅記事は終わりです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント