すき焼きのねぎ

料理
12 /28 2013
IMG_7881.jpg

テレビの画面にちらりと「北大路魯山人のすき焼き」と画像が出た時に
ネギがこうなっていたのです。
真ん中に立てて入れてあった。
それで真似しました。

関東は割り下という煮汁をあらかじめ作って焼いた肉や野菜にかけてすき焼きを作りますが
関西は 砂糖や酒や醤油を直接振り掛けますか?

割り下は私は砂糖しょうゆみりんを1対1対1にしてお酒は適当
それを一度煮立たせて入れますが

まちがっているかな?と検索してみたら
水も少し(100CCや200CC)入れて昆布もだしが出るように入れると言うのもあった。

今回はなべの大きさに対して調味料液が少なかったので
薄味ではあったけれど
もっと砂糖や醤油やらを足そうか?と言っても「いい」ということだったので
塩分糖分が控えめになってよかったでしょう。

私はこの頃はかなり薄味になったのです。
他で食べたものがしょっぱいと思うことが多くなった。

魯山人のネギの入れ方は煮えすぎないで生っぽいところもあったのがよかったです。
おいしかった。

おまけの写真は 買い物に出た夫が買ってきたケーキ。
フルーツが宝石みたいです。

IMG_7884.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すき焼きの味付け

こんばんは、涼です。

すき焼きは、砂糖と濃い口醤油を直接入れます。
普段は薄口醤油ですが、すき焼きの時だけは濃い口です。そして、これも(我が家では例外的に)お味も濃いめです。

地方によって色々な味付けや食べ方があって、食文化というのは面白いですね。

煮ると焼く

涼さま♪

関東のお水も入れるような割り下で作るすき焼きは煮るという感じですよね。
私は水は入れないから そんなに汁たっぷりという感じはしませんが
お砂糖とお醤油だけの関西風よりも煮ているという印象はあるでしょう。

濃いすき焼きもおいしそうです。
ご飯が進みそう。

有名なところでは
ウナギの焼き方が関東と関西では違いますね。

大阪は粉ものがおいしいですね。