なぜこの写真を載せたかというと・・

写真
12 /12 2013
IMG_7801.jpg
これは写っているものを説明してだんだん核心にすすんでいきますが
まず 湯呑とティーポットの自慢。
湯呑は源右衛門作。
リサイクルショップで半額の売り出しの時に買った。5個組。
最初2万円だったのが すでに1万円になっていたのだけれど
それが 半額セールの時に5000円になった。

ティ―ポットはのりたけ。
これは比較的古いものです。
現在よりはオールドノリタケの時代に近いのではないだろうか。
これと同じ柄の花瓶を持っていますが それにはJapanと書いてあるけれど
これには書いてありません。輸出はしなかったのかな。
WEショップで1500円。

だんだん核心に迫ります。
この雑巾みたいな布製のもの。

私の着古した綿のワンピースの古生地を使ってチクチク縫ったものです。
夏涼しくて気に入って着ていたので布の糸が痩せて透けるように薄くなって真夏は
薄くなる途中では涼しくてよかったのですが
あまりに薄くなると汗を吸う余地がなくて暑いのです。

もう捨てないとダメだと思ったのですが
愛着があって捨てきれずにいたところ
この夏四国に行ったときに瀬戸内美術祭をやっていて
何処の国だったか大勢やってきて手作りのものの広場ができていた。
その時古い布でチクチク縫っただけのテーブルセンターだか足マットだかわからないものがあった。
私が触っていたら
「古い布で作ったからやわらかい。3000円だけれど高い?」というので
「ううん 高くない」と言った。

このチクチク縫う時間を考えたら ま、3000円でも仕方がないでしょう。
その時、あの着古したワンピース 
あの布を4枚くらい重ねてこういう風にチクチク縫ってみてもいいのではないかと思った。

写真に写っているコースターはとりあえず小さいものを作ってみた。
ランチョンマットよりは大きいものも作れる分の布はあります。
炬燵に入ってテレビを見るようになる時期 ちくちくと作ってみるかもしれませんが
どうだろうか?
雑巾に見えてしまってもなあと微妙なところです。

IMG_7796.jpg

これは月が何個か描かれている湯呑と一緒に売られていた小さな皿?箸置き?
月夜に吠えるおおかみというところなのかなあ?となぜだか惹かれて以前買ってきたもの。
今湯呑はどこかにまぎれて見つからないので一緒に出したかったけれど出せません。

この狼のお皿を今日なぜ出したかというと
ユニークな陶芸で人形なども作られる「の素さん」のところのプロフィールにある犬?ネコ?の絵に似ているなあと思っていた。
最近アップされた湯呑に書いてある絵がこれに似ている。
それで 前からブログ記事にしたかったのですが 今日アップしたというわけです。

スプーンはこの狼の皿の小ささを比較するために出しただけです。

ああそうそう ついでにうちにある箸置きも撮ったのでアップしておきましょう。

IMG_7805.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

つつじさんへ

陶器は温かみがあるからいいですね~
私も好きで和、洋、どちらもお高くて買えませんが見るのが大好きです。

凄くラッキーにGetされましたねー。
コレクションは、ご自分だけこっそり楽しむのもいいですが、このように公開されて、凄さを再認識されても、普段使いで楽しまれるのも素適だと思います。

大事にされてくださいねー。

古いもの

ぴんくモッチーさま♪

ノリタケの古いものは
見つけると買っているのです。
今製造販売されているものは興味がないの。

この湯飲みとティーポットはこのチクチク縫いのコースターに合うので一緒に写真を撮りました。

いいもので安くなっているものを見つけるのが趣味なの。
もう自分の家だけで使う範囲を超えているから収集品ですね。

No title

このちくちくが素晴らしいですね
模様も素敵
このお洋服を着ている写真を今度乗せてくださいな

私も涼しい夏服を思い出しました
藍の色だけの模様の
浴衣時のワンピースを作ってくれて
母はこれは涼しいのよと作ってくれて
臨海学校に持たせてくれた
そのありがたさを理解できなかった馬鹿な子供時代を思い出しました
色々続きがあるので
いつかブログに書きます

チクチク

遊工房さま♪

なぜだか針でチクチク縫うのが好きなので
前世は なにか縫い物をする職業だったのかしらと思うくらいです。

それでも縫うのは雑巾とか布巾とかくらいなのですが。

浴衣地のワンピースは涼しいでしょうね。

作れたら手縫いで作ってみたいです。