新聞を読まなかったら損する話。

感動
11 /29 2013
とっているのは朝日新聞だけれど
新聞っていい情報やヒントがあって
1日読まないで古新聞のほうにしまってしまうことがあると
もったいないような損したような気がします。

先日、ピックアップした記事は

長野の取り組みについて。
以前はワースト1だった健康状態が今ではベスト1になった。

佐久市のHPを開いて健康料理のところをクリックすると
塩分少な目の600カロリーくらいの食事のレシピが見られる。
新聞から得た情報です。
ピンコロ御膳だそうです。

時々参考にして作ってみよう。

それから 特定秘密保護法案は 廃案にするべきだと 論説などでも言っています。
まず、秘密のうちに徴兵制になるようなことは絶対阻止しないといけない。
私たちの親の世代は戦争に行き
おばあちゃんの世代は どんなにつらい思いをしたかということです。
母親は 子供を 戦争に送ることはどんなことがあっても反対しないといけない。

戦争を知らない世代ばかりになって
今の若者など、日本はアメリカと戦争したの?という子もいるとか。

人類は、ず~と戦争をしてきた。
忘れてしまうからです。
愚かなことを繰り返すのです。
今かすかにでも戦争の記憶がある人は70代以上でしょう。
70代は小学生くらいの子供だった。
80代は戦争に行った人もいる年代だろうか。
90代は人数も減っているし、声高に 反対を言うパワーのある人は希少でしょう。

そうすると、親の話からまたはいろいろな本などから戦争の悲惨さを直接に感じられた
60代、50代がしっかりしないといけない。

新聞くらいはちゃんと読んでおこうと思うのも
秘密法案で本当のことを知らされないのだったら どうにもならない。

政治のことを熱く語って
また、方向を変えますが
新聞には関係するのですが
新聞で作る入れ物の話。
これはネットで見ていて面白いと思ったものです。
別記事で書きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント