間違えました

旅行
08 /01 2013
昨日の記事で灯台守の歌の最後 灯をともすを日を暮すと書いて間違えました。
いま歌っていたら違うと気が付きました。

今日は朝 1階のリビングの湿度が91パーセントくらいあって 蒸し暑かった。
今、1階のリビングは30度 湿度78パーセント。
開けられるところは全部あけて扇風機もかけているので湿度が下がるのだと思う。
2階のリビングは32度。

すごく暑いときは 一番涼しい衣服は 汗をよく吸い取るバスローブだと思う。
でもバスローブを日中着ているのもなんなのでタオル地で簡単な貫頭衣みたいのを作ったらいいと思っているのですが。

我慢しているわけではないのですが
このくらいだと冷房をつけない。
室外機が お隣の庭側についているので
お隣が硝子戸を開けて クーラーをつけていないときは つけないようにしている。

そんなに近いわけではないのだけれども お隣が硝子戸をあけてあったら暑いかも知れないと思って。

今日の新聞に猫の熱中症のことが書いてあった。
犬を飼っていて猫は初めて飼ったので犬のように扱っていたら
ご飯を食べるときにお座りをする猫になった。

あるときお座りがちゃんとできないので
足の関節でも怪我したのかと思って病院に連れて行ったら熱中症だったって。

猫は快適な場所を見つける天才ですけれども猫が熱中症になったって初めて聞いた。

影千代は日中は北東向きの私の部屋で寝ている。
しかし、今日は暑い2階のリビングで寝ているのですが32度くらいでは熱中症にはならないのでしょうね。

犬の熱中症はよく聞きます。
昔「動物のお医者さん」という漫画を愛読していた。
北海道大学の獣医学科の青年がチョビという当時ブームだった大型の犬を飼っていた話。

その時 熱中症の犬が 次次に運び込まれた病院で犬をたらいやバケツやある限りの容器で水につけているシーンがあったけれど。
それで容器が足りなくなって洗濯機にも水を張って入れられていたけれど。

犬が熱中症になったら水につけてもいいのでしょうか?
とにかく涼しくするということかな?

今だったら保冷剤が冷蔵庫にたくさんあるだろうから脇の下やら足の付け根やらおなかやら首やら冷やしますか?
よくわかりませんが
応急処置、こうしたらいいとおわかりの方は教えてください。
ハニーは暑さに弱いので暑いときは外に出さないし 気を付けていますが
知識は 持っていたほうがいい。

しかし なにもしていなくても だらだらと汗の出る季節はダイエットにはいいのです。

今日、次男が 「お母さん、今日は何をするの?」という。
私、「今日はお掃除をしてぴかぴかにします」

次男は優しいので 「この散らかり具合何とかしたら」とは言わないのです。
でも私から聞きだしたかったであろう答えを私も察して言ったのです。

しかし、このあつさでは~~。


ちょっと涼しい写真を(高松港の朝、むこうにうっすらと見える台形は屋島です)

IMG_0066_2013080117251891c.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント