ボタニカルアート展

06 /22 2013
以前、3年くらいボタニカルアートを習っていた。
その時のお教室の方たちの展覧会に行ってきた。

つづけるということはたいしたものです。
私は引っ越しの忙しさで ボタニカルアートの様な緻密な時間のかかる絵が描けなくなって
止めてしまいましたが
根気よく続けていらっしゃる方たちはお上手になった。

ボタニカルアート?って写実的でつまんないと思う方もいるかもしれないけれど
丁寧に描かれた絵は
人を感動させるなあと思う。

私は抽象的な絵は 描けないので 見たまま描けばいいボタニカルアートだったら描ける。

止めてしまったのはもったいなかったなあと思う。
今、山野草のたくさんある環境にいて
描きたいと思う花に出会うことが多い。

ウラシマ草が群生しているような環境はなかなかありません。

私が止める前にやった展覧会に出した絵。
それまで遅筆で 1年に何点も描けなかった絵を5点くらい描いて出したのだった。
ちょうど面白くなってきたところだった。

IMG_7208.jpg
玄関に飾ってあるマダガスカルジャスミン

IMG_7209.jpg
和室に飾ってある野菜の絵。

IMG_7210.jpg

絵の下手なところは画題の珍しさでごまかそうというような知恵が働いていた。

昨日行った展示会は
私の様な悪知恵がないのかな。
同じ花の絵を何人もがだされていた。

珍しい、奇抜な画題を選んだほうが印象に残るのではないかと思ったけれど。
ま、その花が好き、その花の美しさを どうにか表現したいと思うことが先でしょうけれど。

そのうち又、描けるようになりたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください