地震

未分類
12 /09 2012
12月7日の5時25分ごろ
つけてあったテレビから津波のニュースが流れてびっくりした。

家にいて揺れは全然感じませんでした。

それよりも前日の未明、結構揺れたのに テレビで地震のニュースがなくて
この地震は、かなり局地的で、ほかの地域は揺れなかったのかと不思議に思った。

7日は、娘と次男は東京にいましたが東京はかなり揺れたと言っていました。

まず、仙台のコーちゃん大丈夫?と思った。

でも、すぐに電話をするのは、混乱を起こすから やめたほうがいいと思っていたら
長男から、すぐに 無事と電話が入ったので安心した。

しかし、大切なものを失うつらさが 少しでもわかったような気がして
改めて、3、11は なんということだったのかと 落ち込みました。

今も寒い仮設暮らしを余儀なくされている方たちがたくさん。

高校の校舎の様な所にいる方もいまだにいらしゃる。

今日のテレビでも 
息子は私が殺したんではないかとおばあさんが泣いていた。
おばあさんを助けに来るときに息子さんは亡くなったのだろうか?
中学生の子供を亡くされたお母さんは私だけ生きていていいの?といつも思うとのこと。

悲しみが癒えることはないのでしょう。

なんだか お気楽ブログを 書いていていいのかと思った。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント