河童の里

旅行
09 /15 2012
次男が遠野市の大槌町に震災津波の復興支援のボランティアに行った。
学生組織のボランティアです。

海岸をきれいにして子供たちが遊べるようにするのと
花だか野菜だかを植えるらしいです。

次男は、日本にいなかったので初めてのボランティアです。

「緊張する~~」 と言っていましたが

東北の人は優しいからきっといろんなことを感じて帰ってくるでしょう。

もし 次男たちが植えた花が咲いたり、野菜が実を結んだりしたら、見に行きたいものです。

震災のニュースで大槌町という名前が出るたびに
私の頭をよぎることがあった。

大槌町の陶芸家が作られた河童の箸置きを買って持っていたから。

これは、いつものようにリサイクルショップの様な所で手に入れたのだと思う。
ちゃんと箱に入っていて300円だったと思う。
箸置きが好きだったしなかなか味のあるカッパさんだったので連れ帰ったのでした。

IMG_5594_20120915170145.jpg

花屋敷工房の吉里吉里焼
作家の方は 陶歴を見ると70歳くらいの方。
ご無事だったでしょうか?工房は?と気になっていた。

この河童さんは お守りに大切にしましょう。

最初に買われた方も大切にされていたのだと思う。
何かの事情で手放されたのでしょう。

遠くない時期に 遠野は行ってみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

遠野のカッパ淵には河童の祠があったりと、ぜひ遠野にお出かけください~。

私がボランティアをと思ったのは6月に旅した温泉宿に大槌町の人々が避難して生活していました。
そのときに何かできないかと思い始めました。
次男さん、本当に心の暖かい優しい方ですね。
いつもブログに登場され拝見するたび思います。

情報を参考に

うららさま♪

四国行きたいと思っていたのですが
次男も不在になるしやめてしまいましたが
デパートの手作り展はすてきでしたね。
ちょっと無理をしても行けばよかったと思っているところ。

東北もうららさんの情報を参考にしていきたいところあるのです。
近々に東北に行く用事があるので
今回の大人の休日クラブの期間は行きませんでした。

光源社、大沢温泉(泊まるのは2人からだからひとり旅だとダメだった)
行こうと思います。