もてる男の条件

耳寄り情報
08 /28 2012
次男は 何軒かにホームステイをしたりしてカナダの家庭を経験した。
同じ日本でも自分の生れた家でない家庭を見聞きするということは勉強になるけれど

帰ってきてまず話題に出たのは
ホームステイ先のお母さんが
モテる男性の条件は

*料理ができること
*ダンスができること
*トイレをきれいに使えること

この3つができたら
「女性は何時でもウェルカムよ」と言ったとのこと。

料理も教えてもらったらしい。

それから、ホームステイを受け入れるような家庭は
知らない人が何人も来るわけだからお皿を洗ったらここに置くとか
ルールができているとのこと。
それに、時間になるとみんなが集まってきて食べるというのはいいねと言っていた。

日本は、家族全員で食べるという習慣は かなりなくなっているのではないだろうか。
うちでも、次男の時間に合わせて 私は食事を作っていて
一緒にはいるけれども一緒に食べていないことが多かった。

帰ってきてからは一緒に食べるようにしている。

もてる男の条件で
*ダンスができる ということは私もダンスができないので
別にできなくてもいいけれど
次男は、一日に何度もありがとうと言う。
カナダに行って身についたのだろうか。
行く前も言っていたと思うけれど そんなに頻繁に言っていなかったと思う。

ありがとうと言われたら 悪い気分はしないから
女の人でももっとありがとうと言うべきだわね。

家族という単位で
優しさは、生きていく幸せを感じる 大きな要素だと思う。

先日、アッシー君をしてもらうときによく行っていた蔵寿司に行った。
お年寄りのご夫婦が、前の席に座ったのでおじいさんが私の席からよく見えた。
おばあさんに、「醤油、醤油、醤油取りなさいよっ!」と風悪く言った。

おばあさんは ちょっと ぼんやり時期に入っているのかもしれない。
それでイライラするのかもしれない。
だけど、一事が万事そういう言い方をする人との家庭生活って幸せではないだろうなあと思った。

3つの条件のうち ダンスができるというのは入らなくても
ありがとうと言うのが入ると思う。

次男はいい家庭人になると思う。

しかし、私に 「ぬいた靴下おきっぱなしにしないでよね」 と言われている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント