あっという間に終わった7月

08 /01 2012
7月が過ぎるのが速かった。

暑くなって、出かけることが減ったし
日中はぼ~っとして、「あ、今日も終わった」的な日が多かったからだろう。

6月は、普段より来客も多かったし
アジサイに一喜一憂し、1か月間の長さはちゃんと実感したけれど。
しかし着実に 日差しは短くなっている。

6月、4時になると空がうすぼんやりと明るくなって 2階のベランダから 朝露にしっとりしたアジサイを見るのが楽しみだった。
今は4時半近くにならないと空が明るまない。
空が明るむと、セミがいっせいに鳴きだす。

8月は、きっと あっという間に過ぎてしまった とは思わないと思う。
忙しいと思う。

もうすぐ5時。
ハニーの散歩を5時になったらする。

陽が上るとすぐに暑くなってしまうから。
夕方も日が陰ると涼しい風が吹くけれども、日に照らされていたアスファルトはまだ熱いのです。

短い脚のハニーには暑いでしょう。
乳母車の赤ちゃんも気を付けて。
外国の乳母車って大人のウエストくらいの高さがあっていいなあと思うけれども日本の乳母車は高さが低い。

そうだ、きのう午後4時ごろ、鶯鳴きました。
それもすぐ近くの木の中で。
そのあと、うちの庭のかしわばあじさいの枝に止まったのは鶯か?と一瞬確認はできませんでしたが
茶色っぽい地味な小鳥は見かけた。

結構元気そうな鳴き声だった。
山に行かないで里で夏を過ごす鶯もいるのかもしれません。
それか、もう山に行く と私に挨拶に来たのかな。

IMG_5724.jpg

この大きなどんぐりの木の下のほうの枝の茂みの中で鳴いた。
写真左下にいつも 私が来てから元気になった といっているモミジがあります。
このどんぐりの木も え? と思うくらい枝を伸ばした年があって
庭にどんぐりが落ちるようになった。
来たときは庭まで届かなかったのに。
それでいつ倒れるかと危ないので切ってもらうことになっています。
木が斜めになってきました。
ここは木を切ってはいけない地域なのですが
危ない木は切ってもいいのです。
なんかかわいそうな気もしますが、大きな台風が何度か来たら倒れると思う。

切ったら空間が広がるし
写真上のほうに濃い緑が少し写っているのは
のびのびと枝を伸ばした姿のいい大きな木で
その木が見えるようになるのも楽しみなのです。
山桜も見えると思う。

8倍のデジカメでズームにするとこの木の枝に止まっている山鳩がこれくらいに撮れます。
庭に餌を食べにくるつがいの山鳩。

IMG_5723.jpg

あっと、5時半になってしまいました。
散歩に行ってきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント