うちは涼しい

07 /26 2012
昨日はド~ンと花火の音が聞こえだしてから行きました。
そのほうが、混雑も避けられるかと。

海浜公園に着くころにはどんどん帰っていく人もいました。
最後までいると帰りの混雑がすごいからでしょう。

私は駅が混んだら歩いて帰ればいいとおもっていました。

まあ、砂浜が人でいっぱいでしたからどのくらいの人出になるのだろう。

花火はやはり興奮しますね。
建物内や映像で見るよりもあのど~ん!という音あってのものです。

若い人や家族連れが多くておばさん一人は珍しいわね。
でもそんなことは知ったことではなく
今年は、ゆかたもみんなかわいいなと おじさん目線で思ったり。

結局、海から若宮大路、八幡宮の横を通って、建長寺に抜けて北鎌倉まで歩いて帰ってきました。

建長寺あたりまで来るとだいぶ涼しくなるけれど
海岸に近いところ、いわゆる北鎌倉でない海岸沿いの鎌倉って暑い。

夏はあまり海岸にもいきませんから鎌倉って暑いんだって改めて気が付いた。
湿度があるし。

北鎌倉は夏はいい。
樹木の葉っぱの間を抜ける風は透き通って冷たいようです。

西官僚屋敷と言って鎌倉時代も夏はお役人も北鎌倉を別荘のようにして仕事をしたらしいです。

一年中で一番過ごしやすく好きなのは4月5月

アジサイで6月、

花の時期を過ぎても 涼しさで夏もいいかも?
夏も、お客をして 喜ばれるかもしれません。

特に都会のコンクリートジャングルの暑さに辟易している方には喜ばれると思う。

秋になって月の美しさもすばらしいです。

しかし冬がいけません。
1月2月は私は避寒に行きたい。
犬と猫を連れていけるところでボロボロでもいいから陽あたりのいい暖かい家貸してくれないかな。

昨日、うちは涼しいと 暑いところに行って改めて気づいて
書いた今日のブログは、自慢話かも。

IMG_5699_20120726135610.jpg

南部鉄の家型の蚊取り線香入れ。古いものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

その花火にうちの娘も浴衣を着てでかけました。最後までいると混むから、早めに会場を後にしたと言っていたのでつつじさんとすれ違ってるかも(^ ^)

北鎌倉は本当に避暑地で羨ましいです。蚊取り線香の器、渋くて素敵!

昔の田舎や

ぶんぶんさま♪
この蚊取り線香入れは100年くらい前のものかもしれません。
昔、田舎づくりの家の屋根から
囲炉裏の煙がこんな風に出ていたんでしょうね。

蚊取り線香の煙がなかなかいいでしょ?

あ、お嬢さんが行っていましたか。
花火やお祭りで浴衣を着て、日本情緒を見せてくれるのはいいですね。
着つけはぶんぶんさんがしたのかしら。