7月1日

料理
07 /02 2012
今日は、長男夫婦が来宅。
簡単にお昼を。

北鎌倉駅前の稲荷寿司。
小津安二郎監督も召し上がったんですって と
来客に一度は出してもいいと思う。

その稲荷寿司とたまたま蟹もあったので。
後はいつもの穴あき陶器のお皿で蒸しただけのカボチャと人参と崎陽軒のシュウマイ。

それで話している間に
私が新婚のころ、遊びに来たお料理の上手な友人が作ってくれたので 真似して
夫の友人が遊びに見えた時などによく作っていた料理を思い出したから作ってみる・・と

丸い大皿の干しシイタケと豚ばら肉と豆腐とほうれん草の料理を作りました。


IMG_5394.jpg

なんだか置き方にもセンスのないテーブル面です。
一応、説明すると
干しシイタケを戻して二つに切り、豚バラ薄切りも一口大に切り、豆腐も3×4センチくらいの大きさに切り
それぞれ別々に油で焼き目をつけて
最後に合わせてシイタケの戻し汁とだし少々と砂糖、みりん、しょうゆ、酒などで味をつけちょっと煮る。
最後に片栗粉でとろみをつけ、茹でたほうれん草を盛り付けた上から散らして青みをつける。
中華料理の手法ですね。
久しぶりで、あまりよく作れなかった。豆腐は木綿か厚揚げで作ったほうが形が崩れなくてよいでしょう。
今回は絹ごしだったので豆腐の形が崩れた。

面白かったのは長男も娘も私がこの料理を作ったのは覚えていなかった。
本当に新婚の時に作っていたのでしょう。

二人がおぼえていたのは肉団子にもち米をつけてふかした料理だった。
一つは食紅でピンクにした紅白のもち米肉団子。

当日は写真を撮らなかったのですが
残っていたもので再現したお皿の写真、二つ載せます。

IMG_5401_20120702140959.jpg

以前、絶対おいしいポテトサラダ?という題だったかブログ記事にしたポテトサラダ。
今回はマヨネーズに柚子コショウを混ぜてバージョンアップしたと威張った割にはそんなでもなかったかな?

トマトは、レストランで塩トマトですとわざわざ言って出してくれたことがあって
その時塩トマトって知りました。

たまたま、箱に入った塩トマトを見つけて、ご近所に差し上げたり
先週、息子にももたせたりしましたが まだ少し残っていたので
湯剥きをして冷やしてポテトサラダと一緒につけました。

塩トマトって食べたことがありますか?
差し上げたお宅も、お嫁さんも おいしいと驚いていた。
何もつけなくても味がついているようなトマトなのです。

まるまる1個のトマトにドレッシングを絡めて冷やしてマヨネーズ味のサラダの上に乗せたメニューがツバメグリルというレストランにあるけれど(塩トマトではない大きめのトマトがまるまる一つ乗っている)おいしい。

このトマトはドレッシングを絡めて味をつけなくても味がついているからいいだろうとそのまま冷しただけです。

もう一つ小皿のほうが
近所の奥様が作られたピクルス。
珍しい鎌倉野菜コリンキー(生食用かぼちゃ)で作られたピクルスです。
玉ねぎもちょっとだけ入っていた。
コリンキーは棒状に切って作っていましたが出すときに一口大に切りました。
ピクルス液にとうがらしとか山椒の実なども入ってお上手に作られています。
アジサイを見に来られたときにいただいたので
「明日、長男夫婦が来るからよかったわあ」と言ってさっそく出したのでした。

コリンキーというのは知りませんでした。
今度見つけて買ってきましょう。

なかなか来客修行も上手になりませんが
ビールも飲んでおなか一杯と皆が言うので これ以上は作らず。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ご馳走が並びました。美味しかったでしょう。蒸料理はタジン鍋を多用して重宝しています。
美味しかったから、新婚さんの料理に加わってくれそうですね。
コリンキーは名前だけ、綺麗な色だから並んでいたら買ってみたいです。

甘い

kazuyooさま♪
蒸し料理はこのニンジンなど甘いです。
もやしもシャキシャキだし、手間いらずでヘルシーでいいですね。
一日野菜350グラムが 根菜も食べると割と難なくクリアすると思います。
生野菜だけで350グラムは大変です。