水色の夫婦湯呑

掘り出し物
04 /07 2012
昨日、うれしいプレゼントが届きました。
「土曜は陶器の日」に載せようと思いましたが
私の「土曜日は陶器の日」は、こんな掘り出し物があったという意味でカテゴリーを掘り出し物にしている。

これはプレゼントなので掘り出し物ではないのですが
一応「土曜日は陶器の日」と同じに カテゴリーは掘り出し物にしました。

じゃ~~ん!

IMG_4616.jpg

日本の陶器には珍しい 水色に黄色が少し入っているような色。
外国の乾燥した国の空ってこんな色かな?と思うような。

なにかとても惹かれます。

長男の結婚のお祝いにいとこが私たち夫婦の分も入れて2組送ってくれたのです。

作ったのはいとこの妹さんのお子さん。
いとこの姪御さん。
だから うちの長男とはハトコ同士ということになるのでしょうか。

昨日は母が生きていれば88歳の誕生日でした。
母の葬儀の日に何十年ぶりで会ったいとことのお付き合いが始まりました。
以前ブログ記事にした俳句の短冊をくださった従妹とは別の方です。

血がつながっているという温かさかと短冊を送ってくれた従妹も言っていましたが、
このいとこの方も 母と いとこの父である伯父さんが 
親戚なんだから 付き合っていくようにと引き合わせたような気がします。

本当に、うれしい波紋が広がっています。

これは この湯飲みに 入っていたしおりです。

IMG_4618.jpg

栃木県は大谷石で有名です。
それを使って作った焼き物とは初耳でした。
それに、はじめ聞いたときに 「姪が作った茶碗」って 
姪御さんは趣味でなさっているのかな?と思ったら立派な陶芸家です。
その方の名前は日本の有名な焼き物の名前です。
赤ちゃんに日本のやきものの名前を付けて本当に陶芸家になったのです。すごい。
そのうち 工房大竹に行ってみたいと思います。


4月6日 母の誕生日
先日、実家に行ったときに母が生前作って冷凍しておいたさらし餡をもらってきました。

母は団子も上手で実家に行くと団子とあんこを容器にたっぷり詰めて持たせてくれました。

さらし餡に砂糖を入れて おはぎにして食べました。
母が生きているような気がしました。

IMG_4617.jpg

母のあんこと 母の誕生日に母方のいとこから送られた茶碗。
なんだかやはり、母と伯父さんの気持ちのような気がする。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

青磁色のお湯のみですか。
お母様のお誕生日でしたか。私も母の誕生日の日に思い出すことがあります。今日は私の誕生日です。
たち吉かな、スミレ、今の時期にピッタリです。おはぎ大好きです。先日作りました。

青磁色でもない

kazuyooさま♪

これは、今までのやきものの色にはないと思う。
不思議な暖かい色です。

今日がお誕生日でしたか。おめでとうございます。

このスミレの皿は2回ほどブログに載せました。
たち吉ではなくて
外国のリモージュで高価な品です。
リサイクルショップに無造作に置かれていたのに
買った私がびっくりしました。