未分類
02 /13 2012
去年の手帳から、今年の手帳に 書き写しておかないといけないこともあって二つの手帳を並べた。
お気に入りの食事処の電話番号とか。
去年の手帳に書き写しておいた詩があったのでブログにアップしよう。
いつもならデジカメで撮ってくるところ
カメラを持っていなかったので手帳に書き写したのでした。

******************

いかついくちばしを胸ふかくさしいれ
くらい森をみはりながら
ふくろうはかんがえる
生まれてくる子には
赤い三日月をとってやろう
上にのってゆうらりゆれたり
ころがしたりくわえたりしてあそぶだろう
森がそこだけ
ぼおっとひかるだろう
きのこなんかもひかるだろう

やがて父親となるふくろうの
いかついくちばしがつぶやいている

******************

松谷みよ子さんの詩です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

身近な情景ではないのに、暖かさを感じます。

あたたかい

kazuyooさま♪
これは青少年センターにかかっていた額に字は毛筆で書いてありました。
絵も描いてありました。
なかなか味のある字と絵だったのでデジカメで撮って来たかったのですが。