建長寺方面散歩道

鎌倉紹介
01 /25 2012
建長寺を超えて 八幡宮から若宮大路を行けば海岸に出ると思いますが
今日は建長寺の先のトンネルを越えたあたりまで行って引き返しました。
朝陽に向かって散歩するのはハニーも気持ちがいいのか快調に歩きます。
この調子なら海岸まで行けると思いましたが行くつもりでなく出かけてきたのでUターンしました。
ハニーは帰りたくなかったのか引き返したとたん とろとろとろとろしか歩かない。

IMG_0076.jpg

このトンネル、がけ崩れ防止に作りましたが昔の切り通しの趣を残して天井をこのようにあけたそうです。
久しぶりに青い空です。

建長寺の前のこのお店気になっています。いつか食べてみる。
鎌倉学園の生徒さんの下校時はにぎわっているようです。
育ち盛りで腹ペコの中高生だから。

IMG_0080.jpg

今、石猫をせっせと描いているので
閻魔様の絵の目の描き方気になりました。
左右違う色使ってる~とか。水色と金かな?これは円応寺の前のポスターを撮りました。

IMG_0079.jpg

これは笑っていると思いますか?ちがうのよ。
以前お寺の中に入った時に説明書きを読んで
ブログに恐ろしくて言えないと描いたのですが、今度も言えないわ。
どうしても知りたかったら円応寺(建長寺のそば)をお訪ねください。

また石猫アップさせていただきます。
自慢したくて仕方がない習い事習い始めの時ってあるでしょ。

IMG_0081.jpg

右上の3匹が昔描いたもの。
下の5匹が今回描いたもの。
右端が教室で。
左側の4匹がここ数日で家で描いたもの。
中でも白い点線で囲んでいる前を向いている白黒長毛の猫はきのう描いたほやほやです。
上達していませんか?
これは握りこぶしくらいの高さのある石です。肉球のある猫は平べったい石。
石が大切ということがよくわかった。

上のほうの色のついた猫はまだ描きかけです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

白黒猫の家族(=^・^=)/

つつじさん!スゴイ!よくこんなにイッパイ描きましたね♪
白黒猫の家族だね・・・父猫と母猫と6匹の子供だわ。
フフッ・・・ホンワカ幸せそう♪絶対に離れる事がない家族猫なのね。
最新作が父猫っぽくみえますね。

円応寺の閻魔大王って怖いのね。
詳細を調べたけれど○○を食べちゃったって説。
意味深なコメントになってしまいましたが、
つつじさんが書けないって言うのも判る気がします。

いろんなタイプの猫

キョン猫さま♪
いろんなタイプの猫をマスターしたいですね。
それから写実的なのと、漫画チックなのと どちらもかわいいですよね。

円応寺は罪の許しを乞うて 3回なんだか(お経?)を唱えるとゆるされるらしい。
やってみる必要ありだわ。

No title

閻魔さまの顔、笑ってるとは見えません。
更に増えましたね。石の形によって、いろんな表情が~。楽しいでしょう。