心を込めて炊いた御飯

料理
12 /15 2011
先日のブログ記事に、御飯のスイッチを入れる前に 水にひたしておいたお米を 軽く菜箸でかき混ぜると言うことを講演会で聞いたと書きました。

一手間ですけれど それが 美味しいお米をと願って作ってくれた農家の方に感謝する心。
家族に 美味しい御飯をと 思う心。

自分でもそうして炊いてみて 今まで以上にお米が 一粒一粒立っているのに感激しました。

そうしたら、その記事を読んだ知人から 早速やってみたとメールが来ました。

今日、ブログに載せておられたご飯の炊き方を実践しました。
1時間お釜の中に応分の水と一緒に放置そして炊き上げました。
開けてビックリお米が一粒づつ立って本当に美味しく炊けていました


私も 嬉しいことでした。

炊き上がったら蓋を開けて軽くかき混ぜてからまた15分くらい蒸らすと言うのは ほとんどのかた、
やっていますよね。

心を込めて炊いた 美味しい御飯が出来たら
次は美味しいお味噌汁が作れるようになりたいし
美味しいぬかずけも作れるようになりたいし
美味しい一夜干しも  自分で作ったりするかな。

えらそうに言って 美味しいお味噌汁を作れる自信はない。修行の必要ありです。
自家製のお味噌をいただいたときに だしを入れていないのに美味しかったから
お味噌から 作る必要ありかもしれません。

それでまたえらそうに言いますが
美味しいといわれるお店でもお味噌汁が駄目だったら 私はリピーターにはなりません。
おすし屋さんのレベルが 出汁巻き卵の味で わかるといわれているようなものです。

次の写真は森のイスキアをされている 佐藤初女さんの本の中で おにぎりを作られているところのページを
撮ったものです。

IMG_4173.jpg

握るときに 御飯の一粒一粒が呼吸できるように空間を感じるようにやさしく結ぶ。
初女さんは目をつぶって握られます。祈りを込められるのかな。

それで ざるの上にタオルを敷いて 乗せます。
上にもタオルをかけておくと 御飯が呼吸できるので 時間が経っても味が変わらないそうです。

御飯が呼吸できるようにタオルで包むということをされていたことで
おもいがけない出来事があったそうです。

心に重い悩みをかかえて 自殺願望があった青年が 森のイスキアに来たけれど
まだ元気になっていないのに 帰るといって聞かない。
親元に連絡したら 帰してくれていいというので
汽車の中で食べるようにおにぎりを持たせた。
そうしたら 家の人から電話があって 何をしてくださったのでしょうか。元気になって帰ってきたとのこと。
青年は汽車の中で おにぎりを食べようとして タオルに包まれているおにぎりを見て
自分のことをこんなに大切に思ってくれている人がいると感じて 心が動かされたのだそうです。

初女さんの おにぎりは海苔で御飯をきっちり包んでありますから
ザルにかぶせたタオルの上で冷めたら 普通の家庭だったら
キッチンペーパーに包んだらいいと書いてありました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

木のお櫃に移して、固く絞った布巾を掛けて、そういえば昔はそうでした。作ってくださった方にも感謝、お米にも感謝なら、手間暇かけるのはですが、なかなか出来ないのです。
気持ちに余裕が出来たら出来そうに思います。

おひつ

kazuyooさま♪
そういえば水分をすうという焼き物のおひつを持っています。
それに入れて そのままレンジで暖めても 美味しいのです。
今度 菜ばしでかき混ぜてからスイッチを押して炊いた御飯それに入れて保管してみるわ。

ホッと!。

 こんにちは~。
冷え込みがやっと冬らしくなった当地ですが、
ホッと温まる記事に温もりました。

早速私も実行!。
たったあれだけのことで、ご飯がふっくらこんもり盛りあがって炊きあがりました。大感激!大感謝!。
曲げわっぱの器に入れると、冷えても美味!。
会う人ごとに教えまくっています。

私もお澄ましの美味しくない処の和食は好みではありません。
お澄ましで決まってしまうのです・・・・・。

ホンの一手間

マーサさま♪
ほんの一手間をかけることで
なんか命が吹き込まれるようなのですから驚きですね。
大体 水を吸った米が炊飯器の中で膨らんでくっついていると言う発想が想像力がないと思わないことですから。
講師の 人間性だなあと思いました。
早速、実践して下さって嬉しいです。

曲げワッパって 聞いたことはあるけれど 持っていないです。
御飯の水分の関係で 美味しさが違うのでしょうね。

お味噌汁とか吸い物に気が回っていない どうでもいいと思っているよ
うなお店って駄目だと思います。