霊はいる

感動
09 /19 2011
15日の夜 8時ごろかな、ミッキーが死んで
私は たぶん夜中の1時ごろまで テレビを見ていた。
 
マンションで上の階の子どもが室内を走ると下の階まで音が響くと思うけれど

テレビを見ていたので
そんな感じでうるさいなあと思った。

でもうちはマンションではないし 2階のリビングの上は屋根だけで
屋根裏で 猫が歩いているような遊んでいるような 猫の足音のような音なのです。

はっきり とんとんとんとん とんとんと。
影千代が階段を上がってくるときもはっきりとした音がするけれど
影千代は階段を歩いていないし。

娘が 屋根裏収納部屋に行っているわけではなくもう部屋で寝ているし。

「ちょっと! リビングの天井から 音がするんだけれど!」
と言いに行ったら
「このうちは音がする家だよぉ~」と言って起きないし。

夜中に線香をたいたりして
悪霊を呼び寄せたら怖いなあと

小皿数枚にお塩を盛ってそこらここらにおいてきました。

それから音はしていません。

良く音を聞くという人がいるけれど
私ははじめて聞いた。

あれは ぴかぴかの新米の ミッキーの霊が
迎えに来たチョロとダヤンといっしょに遊んでいた音だと信じたい。

弱ったミッキーに
チョロちゃんのところに行きなさい
チョロちゃんが迎えに来てくれるよ
チョロちゃんと遊ぼうね
ダヤンもいるよ

と話していたのです。

チョロが死んで ミッキーは1匹になってさびしそうだった。

タマは 老齢の お坊ちゃん猫であそんでくれないし。
影千代は 孤高を保つ シャーシャー猫だし。

ミッキーは チョロの後を追うように 死んでしまった。

それで また 3匹で遊んでいるね と思うと 嬉しくて涙が出る。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いくらそう思われても、涙があふれてこられるでしょう。
小さいころに移る病気に罹って、若くて命終わってしまった、これも仕方のないことだったのですね。
大昔は予防接種もなくて犬たちの命も短かったですが、この頃の子はほぼ天寿を全うしています。今の老犬たちもご飯を食べてくれたら有難うの暮らしです。

あかちゃんのとき

kazuyooさま♪
あの子達は 胎児感染していたのかもしれません。
家に来てから感染したわけではないのです。
外に出していないし
やはり、飼い主のいない仔猫は生ませないということで
野良猫の避妊手術が大切なのです。