カサブランカへの思い

07 /24 2011
球根を鉢植えにして昨年はじめて花が咲き
2年目の今年は背丈も大きくなって 花数も多く りっぱになりました。

このカサブランカには 以前にも書きましたが 思い入れがあります。

ある人の訃報を聞いて ああ・・と悲しく
ふと そうだ カサブランカの球根(買ってあったけれどまだ植えてなかった)を植えようと 思い立って植えたという 気持ちの流れがあるのです。

1年目に咲いたときに おしべの初々しいえんじ色に
カサブランカって女学生みたいだな

亡くなられたあの方(80代)も 
女学生のような印象のある方だったなと思ったのです。

Radical Imagination の 高味先生のお母様です。
その後 ブログの写真でお見かけした 女学生の頃のお母様は 本当に かわいらしい。

2年半前の 12月25日に 引越しをして バタバタしていた年末年始
前年の人形展を見せていただいて来場者名簿に記名したからでしょう、お母様から年賀状をいただいたのに
お返事が出せなかった。

今年は 年賀状を出して 引越ししたこともお知らせしたいと思っていたのに 訃報だったので
とても 心残りだったのです。

それでこのカサブランカも 大切にしていたのです。
といっても 去年から 植えっぱなしなだけでしたが。

来年、このままでいいのだろうか。
植木鉢は ある程度は大きいのですが
これだけ背が高くなるとバランス的にもっと大きな植木鉢でもいいと思う。

IMG_3252.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

上手にお育てです。こんなに立派な株になるのですね。我が家ではユリは消える運命ですので、うんと羨ましいです。
歳を重ねられても初々しさを失われない素敵な方だったのですね。

毎年咲かせるには

kazuyooさま♪

これでももう5個花が終わっているのです。

毎年咲かし続けるには どうしたらいいだろうと 悩む所です。

鉢植えというのもむずかしいですね。
大きな鉢に植え替えるといういうのも手かもしれません。

花が終わりそうになったら 球根のために摘んでしまうと言うのは聞きましたが。
あと数日で見ごろは終わりかな。