草木は 気持ちがわかる

ガーデニング
05 /19 2011
草木に 愛情をかけると 応えてくれると言うことを実感する。

たとえば 野生の山百合。
昔は いっぱいあったと お隣のかた。
越してきたときに 3輪くらい咲いたのを見ました。
それが 今年は 8輪くらい咲きそうです。

山百合のじゃまにならないように 周りの草や枝を払ってやる。
それから時々、近くまで行って見る。

そんなちょっとしたこと。

見ていてくれると言うことに 山百合が 気づいて 元気になっているような気がします。

それは他の木や 植物もおなじ。

1本 2本と もらってきて 仲間入りした 花が多いです。

*ハナトラノオ
お隣から 1本もらったのが 2年目 3本に。
今年、46本くらい育っています。

*アメジストセージ
鉢で買って花が終わって枯れた根っこを とりあえず うめておいたら  次の年 大きく育って花がわんさか咲きました。
今年は 大きな植木鉢に植えかえて 大きな株にしたいのです。

IMG_2605.jpg

カラーも いただいたのが 肥料がいいのか本家よりも立派。
IMG_2598.jpg

ただし、バラは苦手意識が。 一つ駄目にした。葉っぱが落ちてしまった。
こちらのブライダルピンクも映っている4輪しか咲かないでしょう。
IMG_2603.jpg

ついでですが 源平小菊は 石灰をまいたら ピンク色の花が増えてきました。
やはり土が酸性だったから白い花ばかりになったのだと思います。
IMG_2577.jpg
これは よそのお宅の源平小菊です。
うちのはこれほどピンクが多くは無いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

下に

コメントをと思ってきたら、早くも草木のお話でした~。
最後の写真、源平菊っていうのですか。
紅白に満開に咲いた花桃を源平花桃ってよんでいたけど、これもやはり?

布施さんのコンサートのお話、楽しく拝見しました。
さっそくユーチューブで『SWAY』を聴いて、ああ知ってるぅ。
懐かしくてしばらく聴いていました~。

源平小菊

うららさま♪
源平菊というのはちがうのよ。これは源平小菊。
鎌倉だからか 源平と言う名前のもの良く見聞きするような気がします。
この源平小菊も横浜ではそんなに見なかったのに
鎌倉では 雑草のようにどこでも見かけます。野生化したのでしょうね。
スパニッシュデージーと言うデージーの原種?

源平カズラという紅白のくっきりとした印象的な花も鎌倉ではじめてみました。
一度買ったのですが 駄目にしました。

源平花桃は植えてみたい気がします。

SWAYは 誰かと踊っているように踊りながら 歌われてとてもチャーミングでした。

No title

8輪も蕾が付いたら、さぞ見事でしょう。ヤマユリ大好きです。
ハナトラノオも夏には綺麗ですし、アメジストセージは秋から初冬まで長く咲きますね。
カラーは良いでしょう。我が家でも沢山咲いてくれています。
源平小菊に石灰ですか。こちらのお宅はずいぶんと沢山、そして色合いも良いですね。私も石灰探します。

8本

kazuyooさま♪
書き間違えました。
山百合が8本生てきたと言おうとしたのですが。

1本の茎に8輪は咲かないですよ。
大きな花の割には茎が細いのですね。
カサブランカは 茎も太いからか
何輪も花をつけることがあるみたいですけれど。

石灰って 少しでいいみたいですよ。
でも大袋で売っているから 小さなのを見つけるのに苦労しました。